2024年 5月 30日 (木)

大谷翔平は「なぜ日本国民に愛されるのか」 韓国メディア分析「才能と高潔さ持ち合わせている」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   大リーグ・エンゼルスで二刀流として活躍する大谷翔平選手(27)の人間性を韓国メディアが称賛している。

   韓国メディア「OSEN」(WEB版)は2022年6月24日に大谷の特集記事を公開。米国で大リーグを取材している韓国人記者の目を通して大谷がなぜ日本国民に愛されるのかを独自の視点から分析している。

  • 大谷翔平選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
    大谷翔平選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
  • 大谷翔平選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

漫画で見るような二刀流を継続中

   記事では大谷が昨シーズン二刀流で大活躍し、大リーグ史上初めて投手と打者の両方でオールスターメンバーに選出されたことを紹介。そしてシーズン終了後には満場一致でア・リーグのMVPに選出されたことなどを伝えた。

   選手の分業化が顕著となっている現代野球において二刀流は不可能な領域だったとし、漫画で見るような二刀流を継続中の大谷は畏敬の念の対象となっていると評価した。

   さらに今季は先発投手が途中交代になっても指名打者として試合に残り続けることが可能になったことを説明し、大谷ルールが出来たと記した。

   そして今年も二刀流伝説は続いているとし、直近のロイヤルズとの2試合に言及。22日には打者として2つの本塁打を含む8打点をマークし、翌日は投手として自己最多の13奪三振を記録して勝利投手に。前日8打点をあげた打者が翌日に投手として10個以上の三振を奪ったのは、ベーブ・ルースも成しえなかった初の快挙だと伝えた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中