2024年 6月 18日 (火)

「空飛ぶウミガメ」、2年3か月ぶり定期便 ハワイ復調は「海外旅行復活」の試金石になるのか

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   全日空(ANA)は2022年7月1日、超大型旅客機のエアバスA380型機の定期便としての運航を2年3か月ぶりに再開した。ハワイへの新たな足として19年に就航したが、ほどなくコロナ禍の影響が深刻化。20年3月下旬にホノルルから成田に戻った便を最後に定期便としては運休が続いてきた。水際対策の緩和などで海外旅行への需要が戻りつつあることから、再開を決めた。

   原油高による燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)や円安など、海外旅行には新たな逆風も吹く。それでも井上慎一社長によると、こういった状況に「お客様のハワイに行きたいという思いが勝っている状況」。ハワイは「観光旅行のシンボル」だとして、それ以外の地域についても「だったら、前のように海外旅行行きたいね」といった機運が盛り上がることに期待を寄せている。

  • ペンライトを持った地上係員がエアバスA380を見送った
    ペンライトを持った地上係員がエアバスA380を見送った
  • 式典では来賓もレイをかけてスピーチした
    式典では来賓もレイをかけてスピーチした
  • 式典ではフランダンスも披露された
    式典ではフランダンスも披露された
  • ANAの井上慎一社長。アロハシャツにレイ姿で登場した
    ANAの井上慎一社長。アロハシャツにレイ姿で登場した
  • 搭乗ゲートでは横断幕で乗客を見送った
    搭乗ゲートでは横断幕で乗客を見送った
  • 地上係員が搭乗客にペンライトを振って見送った
    地上係員が搭乗客にペンライトを振って見送った
  • 100人以上のANAグループ社員が「フライングホヌ」を見送った
    100人以上のANAグループ社員が「フライングホヌ」を見送った
  • 「フライングホヌ」には520人の乗客を乗せることができる
    「フライングホヌ」には520人の乗客を乗せることができる
  • コンテナにも「ホヌ」の装飾が施された
    コンテナにも「ホヌ」の装飾が施された
  • 「フライングホヌ」は414人の乗客を乗せてハワイに向けて出発した
    「フライングホヌ」は414人の乗客を乗せてハワイに向けて出発した
  • ペンライトを持った地上係員がエアバスA380を見送った
  • 式典では来賓もレイをかけてスピーチした
  • 式典ではフランダンスも披露された
  • ANAの井上慎一社長。アロハシャツにレイ姿で登場した
  • 搭乗ゲートでは横断幕で乗客を見送った
  • 地上係員が搭乗客にペンライトを振って見送った
  • 100人以上のANAグループ社員が「フライングホヌ」を見送った
  • 「フライングホヌ」には520人の乗客を乗せることができる
  • コンテナにも「ホヌ」の装飾が施された
  • 「フライングホヌ」は414人の乗客を乗せてハワイに向けて出発した

ファースト、ビジネスクラスから席が埋まる

   ANAのA380には、ハワイでは神聖な生き物だと考えられているウミガメのハワイ語の愛称「ホヌ」にちなんで、「空飛ぶウミガメ」の意味を持つ「FLYING HONU」(フライングホヌ)という愛称がついている。定期便の運休が続く間、国内線の遊覧飛行を行ったり、空港に駐機する機内で機内食を食べて旅行気分を味わうイベントを開いたりして活躍の場をつないできた。3機保有するうち、1号機と2号機は21年8月に臨時便としてハワイを1往復ずつしており、ハワイに飛ぶのは10か月半ぶり。

   22年7月1夕に成田空港の搭乗ゲートで開かれた式典では、アロハシャツにレイ姿の井上氏が

「世界最大の旅客機、A380型機、通称『フライングホヌ』、ついにホノルル線に戻ってまいりました!」

とあいさつ。見守っていた乗客からは拍手が起きた。

   現時点では比較的富裕層の「ハワイ熱」が先行している可能性もあり、それがどの程度広がるかも焦点だ。A380には乗客520人が乗れる。2階席(アッパーデッキ)には、ファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミー73席を配置。1階席(メインデッキ)にはエコノミークラス383席がある。7月1日夕の便には、乗客414人が搭乗。そのうち座席を使用したのは乳児5人を除く409人で、搭乗率は78.7%だった。クラス別に見ると、ファーストクラス8人、ビジネスクラス55人、プレミアムエコノミー53人、エコノミークラス293人。ファースト、ビジネスがほぼ満席だったのに対して、ボリュームゾーンのプレミアムエコノミー、エコノミーの搭乗率はそれぞれ72.6%、76.5%と差がある。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中