2024年 6月 18日 (火)

清宮幸太郎に仰天「練習トレード案」球団OB提言 「目から鱗が何枚か落ちるんじゃないかな」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球横浜、日ハムのOBで野球解説者の高木豊氏(63)が2022年7月3日にユーチューブを更新し、日ハム清宮幸太郎内野手(23)に言及。元日ハム投手の岩本勉氏(51)をゲストに迎え、球団OBとして清宮の打撃について私見を述べた。

  • 清宮幸太郎選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    清宮幸太郎選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 清宮幸太郎選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

「着々ですけども成長している選手だと思っています」

   清宮は今季67試合に出場し打率.232、8本塁打、18打点、出塁率と長打率を合わせたOPSは.778をマーク。3日のオリックス戦では自己最多の8号ソロを放ち、プロ5年目にして2ケタ本塁打を視界に捕らえた。

   清宮の打撃について岩本氏は「着々ですけども成長している選手だと思っています」と評価すると、高木氏も「成長はしているよな」と同調。その一方で高木氏は「(打率が)2割5分だとしてあとの7割5分、この凡打ががっかりする。凡打の内容、三振の内容が悪すぎる」と指摘した。

   高木氏は清宮の凡打の内容にも言及。「三振したくないとか。三振してもいいバッターなんだよ。フルスイングすれば。だけど手だけで振ったり。内容が本当にない。だから次に使いたいと思うことが減る。(新庄監督も)絶対思ってるはず」と断言した。

   清宮の打撃センスを買って大きな期待を寄せている両者は、打撃向上に向けて独自のアイデアを披露した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中