2024年 6月 14日 (金)

「渡邉諒を楽天へ」新庄ハムに球団OBトレード提言 「バランス的に左がほしい」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プロ野球日ハムの元投手で野球解説者の岩本勉氏(51)が2022年7月5日にユーチューブチャンネルを更新。ゲストに日ハムOBの高木豊氏(63)を招き、日ハムの理想的オーダーについて分析した。

  • 新庄剛志監督(写真:アフロ)
    新庄剛志監督(写真:アフロ)
  • 新庄剛志監督(写真:アフロ)

岩本氏「楽天は右バッターを絶対に欲しいですもんね」

   動画では日ハムの現状を考慮して岩本氏、高木氏がそれぞれ独自のオーダーを披露。岩本氏と高木氏はともに1番に松本剛外野手(28)、2番に近藤健介外野手(28)を並べ、岩本氏は清宮幸太郎内野手(23)を4番に、高木氏は野村佑希内野手(22)を4番に置き清宮を5番とした。

   両者が理想的オーダーを公開した際、番組アシスタントがこの中から漏れた選手として「渡邉諒選手は?」と質問すると、高木氏は「彼は良い選手だよ」と評価した上で次のように持論を展開した。

「ものすごく右バッターとして貴重な選手だけども、松本がいて今川がいて野村がいて万波がいて。右(打者)が結構いるじゃない。バランス的には左(打者)がほしい。だから楽天にトレードだよ」

   高木氏の提言に対して岩本氏は「楽天は右バッターを絶対に欲しいですもんね」と納得した様子だった。

   また、高木氏は現在の楽天のチーム事情を分析し、渡邉の必要性を訴えた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中