2024年 5月 24日 (金)

元王者テテ陣営、2団体王者フルトン戦実現に自信 マネジャー「WBOはまだ彼を高く評価している」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロボクシングの世界2階級制覇者で元世界WBOバンタム級王者ゾラニ・テテ(南アフリカ、34)陣営が、WBO、WBC世界スーパーバンタム級王者ステファン・フルトン(米国、27)戦実現へ自信を見せたと地元メディアが伝えた。

  • ゾラニ・テテ(写真:ロイター/アフロ)
    ゾラニ・テテ(写真:ロイター/アフロ)
  • ゾラニ・テテ(写真:ロイター/アフロ)

「WBOでゾラニの名前はまだ大きい」

   南アフリカメディア「Sowetan live」(WEB版)は2022年7月6日にテテの特集記事を公開。7月2日に英ロンドンで行われたスーパーバンタム級12回戦でジェイソン・カニンガム(英国、32)を4回KOで下したことを伝え、今後の展望に言及した。

   同メディアによると、テテの英国のプロモーターであるフランク・ウォーレン氏が、フルトンの世界戦を手掛けている「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ」と良好な関係にあることからテテのマネジャーであるテンギフンフェン氏がフルトン戦実現に自信を見せているという。

   テンギフンフェン氏は「2019年にバンタム級のベルトを失ったにもかかわらず、ゾラニの名前はWBOでまだ大きい。彼ら(WBO)はまだ彼を高く評価しています」と主張。そして「カニンガム戦のゾラニのパフォーマンスは最高のもので、私と私のチームに彼がいなければならない場所を確信させた」と語った。

   7月6日時点で世界主要4団体の世界ランキングでテテがランク入りしているはWBOのみ。スーパーバンタム級6位にランクされており、WBA、WBC、IBFでは世界挑戦権を有する15位以内に入っていない。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中