2024年 4月 16日 (火)

朝倉未来VSメイウェザー戦は「100億円の宣伝価値ある」 元世界王者明言、必殺パンチ伝授も

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プロボクシングの元世界王者が出演するユーチューブ「渡嘉敷勝男&竹原慎二&畑山隆則 公式チャンネル」が2022年7月11日に更新。ゲストに格闘家・朝倉未来(29)を招いて対談を行った。

  • 朝倉未来選手(写真:Motoo Naka/アフロ)
    朝倉未来選手(写真:Motoo Naka/アフロ)
  • 朝倉未来選手(写真:Motoo Naka/アフロ)

「ダウンを取ってメイウェザーを超本気にさせてほしい」

   番組には元WBA世界ライトフライ級王者・渡嘉敷勝男氏(61)、元WBA世界ミドル級王者・竹原慎二氏(50)、元世界2階級制覇の畑山隆則氏(46)が出演し、9月に予定している朝倉と元世界5階級制覇フロイド・メイウェザーJr(米国、45)のエキシビションマッチの展望などを語った。

   過去に同チャンネルで朝倉と共演した渡嘉敷氏は「あのメイウェザーとやるだけで、1発当てるだけで全世界に名前が行く」と期待を膨らませ、畑山氏は「勝ち負けというよりは未来さんからすると世界のメイウェザーと戦ったと。日本人のボクサーでメイウェザーと戦った人いないんだから。それが朝倉未来選手が出来ちゃう」と興奮気味に語った。

   さらに渡嘉敷氏が「(パンチが当たれば)誰かが言ってたけど100億円の価値があると。宣伝価値ね」とメイウェザーJr効果を指摘すると、畑山氏は「やるだけで100億円の価値ありますよ」と続け、竹原氏は「1回ダウンを取ってもらいたい。ダウンを取ってメイウェザーを超本気にさせてほしい」と期待を寄せた。

   対戦のオファーを受けてからメイウェザーJrの試合映像を見始めたという朝倉は、全盛期の動きに驚きを隠さなかったが、一方で「先々月とかやっていてその試合を見ると『まあ行けちゃうかな』っていうのは思ってます」と自信をのぞかせ、「きれいに戦うつもりはなくてもらう覚悟で最初から。とにかく当てるということを意識して。喧嘩ですね」と意気込んだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中