2024年 3月 2日 (土)

高木豊氏、巨人トレードを大胆予想 日ハム大型内野手&楽天ドラ1右腕に注目

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロ野球横浜ベイスターズ、日ハムの元選手で野球解説者の高木豊氏(63)が2022年7月12日にユーチューブを更新し、今季の巨人のトレードを独自予想した。

   「今シーズン2組目となるトレードはこの選手!!」などのタイトルで公開され、トレードの可能性がある球団と選手をピックアップした。

  • 巨人・原辰徳監督(編集部撮影)
    巨人・原辰徳監督(編集部撮影)
  • 巨人・原辰徳監督(編集部撮影)

「渡邉をセカンドにはめて吉川をショートに」

   冒頭で中日とオリックスの間で石岡諒太内野手(30)と後藤駿太外野手(28)のトレードが成立したことに触れ、話題が巨人のトレードに移った。高木氏は「坂本を活かすために巨人としたらトレードの頭もなくてはいけない」とし、「じゃあこういう選手を取ってくればいいんじゃないのというのを発表します」と続けた。

   高木氏は10日に更新したユーチューブで坂本勇人内野手(33)のコンバートに言及しており、「来年から本格的に考えた方がいいね」との見解を示した。

   坂本のコンバートを前提として巨人に必要な選手として名前を挙げたのが日ハムの渡邉諒内野手(27)だ。渡邉は東海大甲府高から13年にドラフト1位指名で日ハムに入団。今季は12日時点で1軍の出場は14試合にとどまり、打率.237、2打点を記録し本塁打は出ていない。

   高木氏は「この選手をセカンドにはめて吉川をショート。そうしたらファーストに坂本でもいいし外野の練習もさせて外野も出来るようにしとけばいい」との構想を示し、「(渡邉は)やっぱり打てる。ある程度。ケガがあって今シーズンはあまり出ていないけどもビッグボスに話をしたら多分やってくれるんじゃないかなという気がする」と期待した。

   また、高木氏は日ハムの現戦力を分析し、「(日ハムは)左ピッチャーがほしいと思う。それとセットアッパー、クローザーに少し悩んでいる。ビッグボスが」と指摘し、巨人からの交換要員として今村信貴投手(28)を挙げた。そして次のように続けた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中