坂口杏里「我慢の限界」ブチギレ騒動 新婚夫が意味深投稿「雨降って地固まる こうでありたい」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   元タレントの坂口杏里さんの夫で格闘家の進一さんが2022年7月14日、「雨降って地固まる こうでありたい」などとインスタグラムのストーリーズに投稿した。

   夫婦をめぐっては、坂口さんが13日のインスタグラムで、「我慢の限界」だとして、進一さんへの不満を訴えたことが波紋を呼んでいた。

  • 坂口杏里さんのインスタグラム(anridayo33)より
    坂口杏里さんのインスタグラム(anridayo33)より
  • 坂口杏里さんのインスタグラム(anridayo33)より
    坂口杏里さんのインスタグラム(anridayo33)より
  • 進一さんのインスタグラム(@shin1_king)より
    進一さんのインスタグラム(@shin1_king)より
  • 坂口杏里さんのインスタグラム(anridayo33)より
  • 坂口杏里さんのインスタグラム(anridayo33)より
  • 進一さんのインスタグラム(@shin1_king)より

「何を晒されても至って冷静」

   6月8日の結婚発表以降、SNSで進一さんに関するノロケを多く投稿していた坂口さん。しかし、7月13日のストーリーでは一転。「そろそろ世間の印象くずしたろっか 黙ってることに我慢の限界 まじでいい旦那アピールやめなぁ」とつづり、夫との金銭トラブルがあったこと、大声で怒鳴りつけられることなどを訴えていた。

   これを受け、進一さんは14日にストーリーズで「妻のことでご心配をお掛けしまして誠に申し訳ございません」と言及し、「僕は何を晒されても至って冷静です。ただ、妻を傷付けてしまった過去は変えられないのでそうしない為に努める毎日です」とコメントした。

   続けて、「雨降って地固まる」と記し、「こうでありたいと思った」と投稿。坂口さんとの仲直りを望んでいると捉えられるような文章をつづっていた。

姉妹サイト