2024年 6月 17日 (月)

カジュアル化話題のワークマン、「サバゲー市場」に進出!? ツイッターで話題、真相を聞いた

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   作業服・作業用品販売大手のワークマン(群馬県伊勢崎市)。従来の「職人向け」のイメージから一転し、近年は女性をターゲットにした業態や「靴専門店」を出店するなど、カジュアル化を推し進めている。

   そんなワークマンが、今度はサバイバルゲーム(サバゲー)利用者をターゲットにした商品展開を始めたと、ツイッター上で話題になっている。一体どういうことなのか。ワークマンの広報担当者に話を聞いた。

  • ワークマンが「サバゲー市場」参入?(ワークマンオンラインストアより)
    ワークマンが「サバゲー市場」参入?(ワークマンオンラインストアより)
  • 「サバゲー特集」ページで紹介されている商品。いずれもサバゲー向けではなく、作業用アイテムだ。(ワークマンオンラインストアより)
    「サバゲー特集」ページで紹介されている商品。いずれもサバゲー向けではなく、作業用アイテムだ。(ワークマンオンラインストアより)
  • ワークマンが「サバゲー市場」参入?(ワークマンオンラインストアより)
  • 「サバゲー特集」ページで紹介されている商品。いずれもサバゲー向けではなく、作業用アイテムだ。(ワークマンオンラインストアより)

「サバゲー装備に革命が起きる」

   ワークマンは工場や工事現場など、作業現場で働く人に向けたアイテムを強みとする。演歌歌手・吉幾三さんのテレビCMに代表されるように、従来は「職人向け店舗」のイメージを前面に押し出していた。

   ただ、18年からはアウトドア・スポーツウェアに力を入れた「ワークマンプラス」、20年からは女性ユーザーを意識した「#ワークマン女子」の出店を進めるなど、近年はカジュアル化を敢行。好調な業績を収めている。22年4月からはカジュアル靴専門店「ワークマンシューズ」の展開を始め、6月に東京に進出したばかりだ。

   そうした中、7月中旬、ワークマンに関する「ある投稿」がツイッター上で話題を呼んだ。ワークマンがサバゲー利用者をターゲットにした商品展開をはじめた、というものだ。

   投稿では、ワークマンオンラインストアの「サバゲー商品・サバゲーグッズ装備特集」というページが紹介されている。同ページでは、迷彩服やゴーグルを着用した「サバゲー装備」の男性の写真ともに、こんなキャッチコピーが躍っている。

「サバイバルゲームという『非日常』をワークマンは全力で応援します。スタートダッシュはワークマンで!」

   近年は作業服とスーツを切り替えられる「ワークスーツ」や、格安の「キャンプ用品」を開発するなど、積極的な新商品展開で消費者を驚かせてきたワークマン。それだけに、今回のツイートには「今度はサバゲーまで進出か」「ワークマンさん本格的にサバゲー用品作るのか」「こりゃサバゲー装備に革命が起きるぞ」などと、期待の声が集まった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中