2024年 4月 13日 (土)

参政党に「ある種の脅威も感じる」 国民・玉木代表が言及「既存の政党とは違うやり方をやっている」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   国民民主党の玉木雄一郎代表は2022年7月19日の記者会見で、10日投開票の参院選で初めて議席を獲得した参政党について、急速な成長と議席獲得について「敬意を表する」とする一方で、独自の選挙戦を展開したことから「ある種の脅威も感じる」とも述べた。

   代表の松田学氏は、玉木氏と同じ財務省出身。20年10月に松田氏のユーチューブチャンネルで対談したこともある。

  • 記者会見に臨む国民民主党の玉木雄一郎代表(写真は国民民主党配信の動画から)
    記者会見に臨む国民民主党の玉木雄一郎代表(写真は国民民主党配信の動画から)
  • 記者会見に臨む国民民主党の玉木雄一郎代表(写真は国民民主党配信の動画から)

「積極財政」では「大きな方向性は合致している面も」

   松田氏自身は落選したものの、7月15日に代表に就任。そのタイミングで玉木氏は電話を入れたという。玉木氏は対談の様子を次のように話し、積極財政という方向性では「大きな方向性は合致している面もある」とした。ただ、「ちょっと最近の主張は知りませんが」とも断った。

「かつて対談したときも、ある意味の、その積極財政...、ちょっと最近の主張は知りませんが、国債というよりもむしろ、政府紙幣をデジタルで出して、いずれにしてもそれで、消費・投資を活性化していこうということだと思うので、その意味では、大きな方向性は合致している面もあるのかなと思っている」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中