2024年 2月 27日 (火)

「担当編集の不手際」で休載中の漫画打ち切り 「ぞんざいな扱いを感じた」...作者が蕁麻疹・突発性難聴に

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東京漫画社のBLウェブマガジン「NUUDE」で連載中の漫画「影守人のジグとメル」が2話で打ち切りになった。2022年8月1日に公式サイトで発表された。

   作者の陽歌れいりさんは、担当編集による連絡不備や打ち合わせの反故などが相次いでいたと訴える。

  • 打ち切りとなった漫画「影守人のジグとメル」
    打ち切りとなった漫画「影守人のジグとメル」
  • 打ち切りとなった漫画「影守人のジグとメル」

「担当編集のスケジュール管理の甘さと度重なる不手際」

   「東京漫画社」は、主に飲食店事業を展開する有限会社ソフトライン(東京都調布市)が手掛ける出版サービスの1つで、屋号。BLウェブマガジン「NUUDE」は20年7月に誕生した。

   「影守人のジグとメル」は、21年5月15日発売のNUUDE vol.6で連載を開始。しかし第1話以降、休載が続いた。

   NUUDE編集部は21年12月、「担当編集のスケジュール管理の甘さと度重なる不手際により、進行面で先生に多大なるご迷惑をおかけした」として休載を謝罪。「今後は編集体制を整え、先生にご負担のかからぬよう進行して参る所存です」と発表し、22年5月には第2話を公開した。

   しかし8月1日、「影守人のジグとメル」の連載を終了すると発表した。

「昨年12月にお詫び致しました通り、担当編集の不手際による休載が続き、その後進行を再開して参りましたが、陽歌先生と協議を重ねました結果、本作の制作継続は難しいとの判断に至りました。
連載を楽しみにしてくださっていた読者の皆様に、深くお詫び申し上げます」

   作者の陽歌さんは同日、自身のツイッターで連載終了に至る経緯と理由を次のように説明した。

   担当編集については「連絡が取れず作業が進まない」「打ち合わせのすっぽかし多数」などの不手際があったと指摘。他の作家の掲載状況や作業進行と比較しても、「連絡を無視される等ぞんざいな扱いを受けていると感じた」という。他の社員に対しても数回にわたり改善を求めたが、こうした状況が1年ほど続き、蕁麻疹による不眠や突発性難聴を患うなど生活に支障が出始めたと訴える。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中