2022年 10月 4日 (火)

「サイゼリヤ論争」SNSでなぜ白熱? 「多様な推し方が存在」批評家が考えるアイドル文化との共通点

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   全国1000店舗以上を展開する外食チェーンのサイゼリヤ。安価にイタリアンを食べられることで幅広い世代から人気だが、実はSNS上では、サイゼリヤを舞台にした議論が頻繁に巻き起こっている。サイゼリヤでの「デート」はアリかナシかという議論や、商品番号を紙に書いて渡す注文方式の是非をめぐる議論などだ。

   チェーンストア文化に詳しい批評家は、サイゼリヤはチェーンストアの中では珍しい「アイドル」のような愛され方をしている存在だと語る。「サイゼ論」が白熱する背景には、何があるのか。

  • ツイッターの「サイゼリヤ論」なぜ白熱?(写真:西村尚己/アフロ)
    ツイッターの「サイゼリヤ論」なぜ白熱?(写真:西村尚己/アフロ)
  • ツイッターの「サイゼリヤ論」なぜ白熱?(写真:西村尚己/アフロ)

恋愛、貧しさ、非人間性...多岐にわたるテーマ

   「サイゼで喜ぶ彼女」――。2022年2月上旬、ツイッター上に投稿された一枚のイラストが注目を集めた。サイゼリヤの看板メニュー「ミラノ風ドリア」を食べて笑顔になる「彼女」を描いた、いわゆる「萌え絵」というジャンルのイラストだ。

   このイラストから転じて、ツイッター上ではサイゼリヤをデートに用いることの是非についての議論に発展する。デートスポットとしてのサイゼリヤは「価格が安すぎる」という意見に対し、相手が喜んでいるならば価格の安さは問題ではない、いきなり高級店に行くのは気が引けるなどといった意見が交わされ、一大論争を巻き起こした。

   お金や恋愛、結婚、子育てなど、様々なテーマで日夜議論が交わされているツイッター。中でも、サイゼリヤが絡んだテーマは特に火が付きやすい傾向にあるようで、一部では「ツイッターの火薬庫」とも称されるほどだ。

   22年6月には、サイゼリヤの料理で満足する感覚は「貧しい」との持論を示したユーザーの投稿が物議を醸し、「サイゼリヤをうまいと感じて何が悪い?」「美味しいと思ってるものにケチつけて否定しまう心が一番『貧しい』」などと批判の声が相次いだ。

   7月には、ある哲学者が投げかけたツイートが注目を集める。商品番号を紙に書いて店員に渡すサイゼリヤの注文形式を「ひどい」「寂しい」「非人間的」と訴えた内容だ。社会が機械的に管理されることに警鐘を鳴らす意見だったが、ツイッターユーザーからは「『接客』もタダではない」「ではどうしろと?」などと、その感覚を理解できないとする声が噴出した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中