2022年 10月 6日 (木)

「カジノ事件」大王製紙元会長、安倍氏との生前LINE公開 売名批判には激怒「ぐちゃぐちゃうるせーよ」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   大王製紙の元会長・井川意高氏が2022年8月17日、街頭演説中に銃撃され亡くなった安倍晋三元首相とのLINEのやりとりを公開した。

  • 井川氏のツイッター(@mototaka728)より
    井川氏のツイッター(@mototaka728)より
  • 井川氏のツイッター(@mototaka728)より
    井川氏のツイッター(@mototaka728)より
  • 井川氏のツイッター(@mototaka728)より
  • 井川氏のツイッター(@mototaka728)より

「安倍総理と交わしたライン見返して、胸が張り裂けそう」

   井川氏は、大王製紙創業者・井川伊勢吉の孫で、同社の会長だった実業家だ。2011年に発覚したカジノ資金のための巨額借り入れ事件で、13年6月に懲役4年の実刑判決が確定。22年6月には当時を振り返った書籍を発刊し、メディアのインタビューにも応じている。

   井川氏は8月17日深夜、「スピリタスに飲まれたか 安倍総理と交わしたライン見返して、胸が張り裂けそう 売名と思うヤツは思え」として、安倍元首相のものとみられるLINEのプロフィール画面を添付しツイートした。

   公開されたLINEのプロフィールアイコンは、ブルーのスーツにストライプのネクタイを合わせた安倍氏が、ヘリコプターのコックピットに座り親指を立てポーズをとったもの。自身で編集したのか、左肩には踊る男性の絵文字を載せている。

   続けて「涙が滲んできた 今日はツイートやめる」と投稿。井川氏は安倍氏の死去後、たびたび安倍氏に関するツイートを投稿するなどしてきた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中