転売ヤー対策?「ガンプラ」新旧ごちゃまぜ陳列が話題 ヤマダ電機が明かす「真の狙い」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   家電大手のヤマダホールディングスが展開する新業態店「Tecc LIFE SELECT(以下ライフセレクト)」の、キャラクター模型コーナーの陳列方法がツイッターで注目された。ガンプラと呼ばれる人気アニメ「機動戦士ガンダム」のプラモデルなどの売り場では、新作も旧作も混在した状態で販売されていたという。

   こうした陳列方法をめぐり、転売目的の購入を防ぐ効果があるのではないかと話題になっている。

  • ヤマダホールディングスの大型店舗「Tecc LIFE SELECT」
    ヤマダホールディングスの大型店舗「Tecc LIFE SELECT」
  • 店内の様子
    店内の様子
  • 店内の様子
    店内の様子
  • 店内の様子
    店内の様子
  • ヤマダホールディングスの大型店舗「Tecc LIFE SELECT」
  • 店内の様子
  • 店内の様子
  • 店内の様子

「ごちゃ混ぜにしている方法は転売ヤーが嫌がる店になる」

   ライフセレクトでは基本的に、新作をピックアップした展示コーナー「新作棚」が設けられていない。この陳列方法に気づいたツイッターユーザーは2022年8月13日、次のようにツイートした。

「今日行ったヤマダ電機はなかなかのことをしていた。新作棚をあえて作らないと言う方法だ。旧作、BB戦士(編注:ガンプラシリーズの一つ)、新作、再販をごちゃ混ぜにしている方法は転売ヤーが嫌がる店になるな」

   人気の新作商品は、品薄となりやすく希少価値も高まる。こうした商品を転売目的で購入する客が、商品を探すのに手間取る店として避けるのではないかと推測している。投稿者によれば、ライフセレクトでは近隣店舗で売り切れていた人気のガンプラがある程度揃っていた。

   ツイッターでは「これは賢い」「いいアイデアかもしれない」などと納得する声が広がっている。

   しかし実際は転売を防ぐことを目的とした陳列ではないようだ。J-CASTニュースの取材に対し、ヤマダホールディングス広報は次のように述べる。

「今回話題になった玩具、特にガンプラについては、お客様に幅広い製品を楽しく選んでいただくことを目的にあえて新作の棚を設けておりません。新しいものもそうでないものも、お客様に幅広く見ていただきながら、楽しく欲しいものを選んでいただきたいという趣旨から方法を取っています」
姉妹サイト