2023年 9月 24日 (日)

無断利用リスクで物議のイラストAI「mimic」 イラストレーターが「自作品の使用禁止」続々表明

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   イラストの特徴を学習して画像を生成するAIサービス「mimic(ミミック)」をめぐり、他人の絵を勝手に利用して生成された絵が悪用されるのではないかといった指摘が相次ぎ、イラストレーターらが続々と自身の作品の使用を禁止する声明を発表している。

  • mimic公式サイトより
    mimic公式サイトより
  • mimic公式ツイッターより(@illustmimic)
    mimic公式ツイッターより(@illustmimic)
  • mimic公式サイトより
  • mimic公式ツイッターより(@illustmimic)

「悪用されない具体的な対策を明記してくれ」などの指摘

   mimicとは、クリエイティブやエンタメに関連するAIの開発などを行うラディウス・ファイブ(東京都新宿区)がリリースしたAIイラスト生成サービスだ。最小15枚から最大100枚までのキャラクターイラストをアップロードすると、AIがそれらの特徴を学習し、一定時間(数時間以上)経過後に「そのクリエイター風の独自の新しいイラスト」を生成する。

   このサービスのベータ版は2022年8月29日に公開され、公式が同日ツイッター上でリリースを報告し話題になった。しかしSNS上では、他人の絵を無断利用して生成された絵が悪用されるのではないかといった指摘の声が相次いだ。

   公式サイトのガイドラインによれば、禁止事項の項目で「他人のイラストを勝手にアップロードしないでください。必ずあなたが描いたイラスト、もしくは権利を保有しているイラストをアップロードしてください」と書かれており、権利侵害を発見した場合にはアカウントの停止や捜査機関への情報提供などの「然るべき措置を講じます」としている。

   しかし、サービス利用者が自身で描いた絵かどうかを判別する方法などについては明記されておらず、「悪用されない具体的な対策を明記してくれ」「作者本人を認証させる仕組みが必要に思います」などの声も上がっている。

   このAIイラスト生成サービスをめぐる騒動を受け、イラストレーターや漫画家らは続々と無断使用を禁ずる声明を発表している。

   ツイッターフォロワー30万人超のやすゆきさんや千種みのりさん、遠坂あさぎさんなどを始めとしたイラストレーターらは、29日のmimicリリース報告を引用リツイートする形で、制作した全てのイラストをAIイラスト生成サービスで素材として利用したり、作成した画像をアップロードしたりすることを禁ずる主旨の投稿をし、注意喚起している。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中