2023年 10月 1日 (日)

ちむどんどん矢作に「お前が主人公だ...!」 信頼の言葉で改心、「絶対辞めねぇ」宣言に視聴者胸熱

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2022年9月8日放送のNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で、料理人の矢作(井之脇海さん)の好感度がうなぎ上りになっている。

  • 矢作を演じる井之脇海さん(写真:Pasya/アフロ)
    矢作を演じる井之脇海さん(写真:Pasya/アフロ)
  • 矢作を演じる井之脇海さん(右)と、智を演じる前田公輝さん。NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」のインスタグラム(nhk_chimudondon)より
    矢作を演じる井之脇海さん(右)と、智を演じる前田公輝さん。NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」のインスタグラム(nhk_chimudondon)より
  • 矢作を演じる井之脇海さん(写真:Pasya/アフロ)
  • 矢作を演じる井之脇海さん(右)と、智を演じる前田公輝さん。NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」のインスタグラム(nhk_chimudondon)より

暢子「うちは矢作さんを信じてる!」

   同作は、まだアメリカ統治下だった沖縄の「やんばる地域」を舞台に始まり、主人公・暢子(黒島結菜さん)がふるさとから料理人を目指すストーリー。現在は、東京・銀座のイタリアンレストラン「アッラ・フォンターナ」で約7年の修業を終え、自身の沖縄料理の店「ちむどんどん」をオープンさせている。

   ※以下、ネタバレを含みます。

   オープンから2か月が経ったころ。経営が立ち行かなくなり、味を見直すため休業を決めた暢子。ある日、融資を受けている信用金庫に支払う40万円を店に置き忘れ、紛失してしまう。幼馴染の智(前田公輝さん)は「泥棒がそう簡単に改心するわけ...」と、前科のある矢作を真っ先に疑う。しかし暢子は「うちは矢作さんを信じてる! お金とかお店とかよりもそっちのほうが一番」と反発する。

   結果的に失くした現金は、発見した矢作が不用心に思いレジの中に入れていたことを明かし、すぐに発見されるのだが、暢子と智のやりとりを店先で聞いていた矢作は、自分を信頼してくれた暢子に今後もついて行こうと決意する。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中