2023年 12月 8日 (金)

19歳で鼻プロテーゼも...25歳で抜去 整形告白の人気YouTuber吐露「流行りで顔いじるもんじゃない」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   YouTuberかねこあやさんが2022年9月23日、自身のYouTubeチャンネルに公開した動画で、過去に受けた整形手術に関するエピソードを披露した。

   19歳の時に入れた鼻のプロテーゼを25歳で抜去したといい、その理由も説明している。

  • かねこあやさんのツイッター(@j_19940129)より
    かねこあやさんのツイッター(@j_19940129)より
  • 鼻にプロテーゼを入れていた当時のかねこあやさん。YouTubeより
    鼻にプロテーゼを入れていた当時のかねこあやさん。YouTubeより
  • かねこあやさんのツイッター(@j_19940129)より
  • 鼻にプロテーゼを入れていた当時のかねこあやさん。YouTubeより

初めての整形は二重埋没

   かねこさんは「今まで隠していたこと全部話します」というタイトルで動画を投稿し、「何度かこの顔を整形したことがあります、ちゃんとメスを入れて」と告白。整形遍歴を語った。

   初めての整形は2011年、高校2年生の時に受けた二重の埋没手術「3点留め」。ギャルだった当時はメザイク(二重をつくるテープ)で二重幅を広げていたが「将来まぶたがたるんだら嫌だ」と思っていたという。

   ギャル雑誌『Ranzuki』『BLENDA』の専属モデルとしても活躍していたかねこさんは、先輩や同僚から埋没手術についての情報を得て、初めての整形を決意。術後、腫れの引いた自分の顔を見て「メザイクで作ってた幅広二重になってる!」と感動したようだ。

   次の整形は鼻。ギャル時代は真っ白なハイライト、ノーズシャドーを仕込んで鼻を高く見せていたが、ギャルメイクを卒業し目元の化粧が薄くなったタイミングで「目元がナチュラルメイクなのに鼻だけ『ライオンキング』みたいになるのもメイクとして合わないなあと思って...やめたんですよ」と、劇団四季の演目「ライオンキング」の舞台メイクに例えてメイクの変化を説明した。

   すると今度は「なんか物足りない!」「目と鼻が合わない!」という感覚に陥った。整形クリニックに駆け込んだところ、レディエッセ(長期持続型皮膚注入剤)を勧められ、実際に受けると当初は感動。だが、継続的に注射でレディエッセを注入する痛みに耐えられず、2013年、19歳の頃にI型プロテーゼを入れたと告白した。

   だが、かねこさんはこのプロテーゼを25歳の時に抜去することとなる。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中