2024年 2月 23日 (金)

「舞いあがれ!」母娘の絆に感動広がる 互いを思って別れ決断...「久々に朝ドラで泣きました」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2022年10月7日に放送されたNHK朝の連続テレビ小説「舞いあがれ!」で描かれた、ヒロイン・舞(浅田芭路さん)とその母・めぐみ(永作博美さん)がお互いを思いやる姿に、視聴者から感動の声が上がっている。

   ※以下、ネタバレを含みます。

  • 「舞いあがれ!」公式サイトより
    「舞いあがれ!」公式サイトより
  • 「舞い上がれ!」公式ツイッターより
    「舞い上がれ!」公式ツイッターより
  • 「舞いあがれ!」公式サイトより
  • 「舞い上がれ!」公式ツイッターより

「めぐみ、帰ってくれんね」

   ものづくりの町・東大阪市で町工場を営む両親のもとに生まれたヒロイン・岩倉舞が、自然豊かな長崎の五島列島での暮らしを経て、周りの人と絆を深めながら空への夢に向かっていく物語。

   海の校外学習に参加した舞が、転倒して軽いケガをしてしまう。偶然その場を通りがかっためぐみは、血相を変えて駆け寄ってくる。元々、舞を心配して校外学習に行くことに反対していためぐみは、「(東大阪から五島へ)来たばっかりなんやし、もっと慎重に考えなアカンかったね。ごめんな舞」と謝る。

   しかし、めぐみの過保護な態度を見た祖母・祥子(高畑淳子さん)は「めぐみ、帰ってくれんね。帰らんね」「舞は預かるけん」と離れて暮らすよう提案。納得のいかないめぐみだが、祥子から「舞はお前に遠慮がして自分の気持ちば言えんとさ」と舞のためにも離れるべきだと指摘されると、悩みながらも東大阪に帰ることを決意する。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中