2024年 2月 23日 (金)

毎日新聞、浜松町と浜松を間違える...謝罪・訂正 東京と静岡「全然違う」「警視庁が対応したのか」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   毎日新聞が2022年10月11日、前日10日にウェブで公開した記事タイトルで、「浜松町駅」とすべきところを誤って「浜松駅」と記載していたとしてお詫びした。

  • 毎日新聞のツイッター(@mainichi)より
    毎日新聞のツイッター(@mainichi)より
  • 訂正前の見出しが載った投稿。毎日新聞のツイッター(@mainichi)より
    訂正前の見出しが載った投稿。毎日新聞のツイッター(@mainichi)より
  • 毎日新聞のツイッター(@mainichi)より
  • 訂正前の見出しが載った投稿。毎日新聞のツイッター(@mainichi)より

記事ページとツイッターでお詫び

   記事は、10日午前に東京都港区にあるJR浜松町駅のトイレで異臭騒ぎが起きたという内容。60代の清掃員が搬送されたが、命に別条はないという。ごみ箱の中に液体入り容器があったといい、警視庁愛宕署が液体の特定を進めていると報じた。

   毎日新聞の当初のタイトルは「『男子トイレで塩素のにおい』JR浜松駅で異臭騒ぎ 清掃員搬送」と、JR浜松町駅ではなく、静岡県浜松市にあるJR浜松駅を指していた。同紙公式ツイッターにも11日に同じタイトルで記事リンクが投稿され、

「全然違う」
「ごっちゃになってる」
「浜松駅で警視庁が対応したのか」

といったツッコミを集めていた。

   毎日新聞はその後、記事タイトルを「JR浜松町駅」に変更。公式ツイッターには11日、「おわび」として「見出しを<『男子トイレで塩素のにおい』JR浜松駅で異臭騒ぎ>としていましたが、JR浜松町駅の誤りでした。おわびして訂正します」と投稿した。記事ページ末尾にも同様の謝罪文を掲載している。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中