2023年 12月 4日 (月)

デーブ大久保氏指導で巨人は本塁打量産? はまれば「岡本和真は間違いなく50本近く打つ」高木豊氏予想

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロ野球横浜ベイスターズ、日本ハムで活躍した野球解説者の高木豊氏(63)が2022年10月17日にユーチューブチャンネルを更新し、元楽天監督で巨人の打撃チーフコーチに就任したデーブ大久保こと大久保博元氏(55)の指導力に言及した。

   大久保氏は現役時代、西武と巨人でプレーし95年に現役を引退した。08年に古巣・西武の1軍打撃コーチとして復帰し、12年に楽天の1軍打撃コーチに就任。楽天では1軍、2軍の両方で監督を務めた。15年の退任後は野球解説者として活躍する傍らユーチューバーとして人気を博した。

  • 大久保氏(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    大久保氏(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 大久保氏(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

「育てるのが上手いよデーブは」

   大久保氏と親交のある高木氏は「育てるのが上手いよデーブは」と、大久保氏の指導者としての実力を高く評価し、「やっぱり熱いし、これだと思った選手は首根っこをつかまえてでもやらすから。それとホームランの打ち方、打たせ方。それとケースバイケースでの形、打ち方、考え方。そういうのを全部注入していくと思う。デーブはああ見えて細かいからね」と解説した。

   高木氏は大久保氏が打撃コーチに就任したことで来季、右打者の本塁打が増えると予想し、岡本和真(26)、中田翔(33)ウォーカー(31)、坂本勇人(33)ら主力のさらなる飛躍に期待した。今季、岡本は30本塁打、中田は24本塁打、ウォーカーは23本塁打をマーク。シーズン中に戦線離脱した坂本は5本塁打に終わった。

   高木氏は「右の岡本、中田、ウォーカー。そういった選手を育てるのは上手いと思う」と前置きして持論を展開。「おそらく岡本がデーブの理論とか、そういうのに1年間はまったとしたら間違いなく50本近くは(本塁打を)打つと思う。中田もそう」と明言し、「坂本も教えられる。坂本は今年ホームランが少なかったけど来年から増えると思う」と予想した。

   大久保氏の指導力を評価する根拠として西武時代に中村剛也(39)を指導し球界屈指のホームランバッターに育てたことを挙げ、「飛ぶボール、飛ばないボールという時代があったよね。飛ばないボールの時でもあいつ(中村)だけ平気で40発打ったから。デーブにはまっていったら打てるようになると思う」と力説した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中