2024年 2月 21日 (水)

愛知の「米津町」に米津玄師ファン殺到 ツアー影響で「米津羊羹」売り切れ...店主の米津さん「びっくり」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   「Lemon」や「パプリカ」などのヒット曲を手がけたシンガーソングライターの米津玄師さん(31)。今や誰もが知る国民的アーティストの一人だが、ファンたちがこぞって訪れる「聖地」が愛知県にある。

   西尾市にある地域、その名も米津町(よねづちょう)だ。米津さんと同じ名前を冠した駅や神社、和菓子店などがあり、2022年10月18日と19日に行われた米津さんの愛知公演では、多くのファンが足を運んだ。J-CASTニュースは米津町内にある「米津羊羹本舗」の店主・米津さんに話を聞いた。

  • 西尾市米津町が「米津玄師ファン」の聖地に(米津羊羹本舗公式サイトより)
    西尾市米津町が「米津玄師ファン」の聖地に(米津羊羹本舗公式サイトより)
  • 米津玄師ファンが購入する「米津羊羹」(米津羊羹本舗提供)
    米津玄師ファンが購入する「米津羊羹」(米津羊羹本舗提供)
  • 西尾市米津町が「米津玄師ファン」の聖地に(米津羊羹本舗公式サイトより)
  • 米津玄師ファンが購入する「米津羊羹」(米津羊羹本舗提供)

米津駅...米津神社...町内スポットが「聖地」に

   名鉄名古屋駅から急行に揺られること40分強。名古屋鉄道の赤い電車は、抹茶の名産地として知られる西尾市北部の「米津(よねづ)駅」に到着する。同駅がある西尾市米津町は、工場や住宅などが立ち並ぶ、一見「ごく普通」の町。しかし、とある人たちの間では、この町が「聖地」として認知されている。

「行ってきたよ米津駅!!!!!」
「これから米津神社に向かいます」
「めっちゃ米津米津Yonezuしてて幸せ」

   SNS上でこうした投稿をしているのは、歌手の米津玄師さんを熱心に応援するファン、通称「米民」(よねみん)だ。米津さんの出身は徳島県徳島市だが、一部の米民は米津町内のスポットを「聖地」とし、わざわざ「巡礼」に訪れる人までいるのだ。

   米民がまずやってくるのは、名鉄西尾線の米津駅。「米津」の駅名標を撮影してSNSにアップする人や、券売機で同駅からの切符を記念に買う人など、米民は様々な形で「巡礼」の証を残している。

   町の中心部にある「米津神社」にも多くの米民が訪れる。今月18日、19日に米津さんのツアー「米津玄師 2022 TOUR」の愛知公演が日本ガイシホール(名古屋市)で行われると、それに合わせて神社を訪れる米民たちが続出。SNS上ではお守りを買う人や、米津さんのツアー成功を祈願する人などがいた。今春には、チケット当選の願いを絵馬に書き込む人もいたようだ。

   そして、町の和菓子店も「聖地」の一つだ。北海道産小豆を使った「米津羊羹」(税込み540円)が名物の「米津羊羹本舗」は、明治元年(1868年)創業の老舗。5代目店主は店のツイッターアカウントを通じ、米民とコミュニケーションを取っている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中