2024年 2月 23日 (金)

レターパックに送料抑える「裏技」存在? SNSで加工法注目も...日本郵便「送達に支障をきたす可能性」

   郵便サービス「レターパックプラス」には送料を抑える"裏技"が存在する――こんなライフハックがSNSを賑わせている。

   通常では詰められない大きさの荷物も、専用封筒を箱型に加工すれば発送できてしまうという。事実であれば目からうろこの生活術だが、日本郵便は取材に「送達に支障をきたす可能性があるため、想定していません」と注意を促す。

  • レターパックプラス
    レターパックプラス
  • 実際に拡散したツイート(編集部で一部加工)
    実際に拡散したツイート(編集部で一部加工)
  • レターパックプラス
  • 実際に拡散したツイート(編集部で一部加工)

「『厚さ・厚み制限がない』という抜け穴をくぐります」

   レターパックプラスは、A4ファイルサイズの封筒を購入すれば、日本全国一律520円で送れる対面配達サービス。4キロまで対応し、厚さ制限はない。追跡サービスが付く。

   この封筒が、工夫すれば拡張可能だとして注目を集めた。きっかけはある通販会社の2022年10月中旬のツイートだった。箱型に変形したレターパックプラスの封筒写真とともに、今後はこの形で発送に使うと書き込んだためだ(現在は削除)。

   「箱型に折ることを発明された方はすごいと思います」ともつぶやき、参照したとみられるブログを紹介している。ブログでは、「裏技」「『厚さ・厚み制限がない』という抜け穴をくぐります」として箱型を勧めている。

   特殊な折り方をすることで容積を大幅に増やすことができ、「200ページ程の文庫本であれば20冊」が入るという。

   この奇抜なアイデアは話題となり、有益な情報と捉えた人は少なくなかった。一方、通常とは異なる使用方法のため、問題なく送れるのか不安視する見方もある。

   日本郵便のウェブサイトでは、よくある質問をまとめたページに「レターパックの形を加工して差し出すことはできますか?」という項目があり、同社は「一部の切取りその他の加工をしたものはお引き受けできません」と答えている。

   前述のブログでも、「郵便局によっては受け付けてもらえない場合もある」と注意点を記している。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中