2024年 4月 25日 (木)

撮影目的での線路侵入は「固くご遠慮」 江ノ電が注意喚起、沿線飲食店も要請...背景に何が?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   江ノ島電鉄(江ノ電)は2022年10月24日、線路内で写真撮影をする観光客に対し、「固くご遠慮いただきますようお願い申し上げます」と注意喚起した。

   背景にどんな事情があるのか。同社に聞いた。

  • 江ノ電のツイッターより
    江ノ電のツイッターより
  • スラムダンクの聖地(グーグルマップより)
    スラムダンクの聖地(グーグルマップより)
  • 江ノ電のツイッターより
  • スラムダンクの聖地(グーグルマップより)

自撮り目的で侵入?

   江ノ電は神奈川県の藤沢~鎌倉を結び、沿線には海岸線や山など風光明媚な景色が広がる。写真スポットも多く点在し、鎌倉高校前駅近くの踏切は、人気漫画「スラムダンク」の聖地として知られる。

   江ノ電は24日にツイッターで、観光客が沿線で記念撮影をする際、「電車がいないことを理由に線路の中に入ったり、許可なく私有地へ入ったり、車道にはみ出したり」といった行為に対し、「固くご遠慮いただきますようお願い申し上げます」とマナーを守るよう注意を促した。

   注意喚起の前日には、江ノ電沿線の飲食店の客とみられる人物たちが、線路内で自撮りする姿がツイッターで拡散し物議を醸していた。この店もSNSで、江ノ電の投稿を引用して「(店の入り口は)線路を渡っていくようになりますが、充分にお気をつけください。また線路内での撮影はご遠慮下さい」とクギをさした。

   江ノ電総務部は25日、J-CASTニュースの取材に、投稿の背景を次のように説明する。

「当社公式Twitterでは不定期に啓発関係の投稿をさせていただいております。全国旅行支援や様々な規制が緩和され、当社沿線にお越しになる観光客が増えている中、モラルに反せず、マナーを守った楽しい観光をしていただきたく啓発投稿をさせていただきました」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中