2024年 2月 27日 (火)

農水省の力作「郷土料理データベース」がSNSで脚光 「見てるだけで楽しい」「想像以上に深い」...企画の経緯を聞いた

   「見てたらあっという間に時間が過ぎてしまった」――。

   日本の郷土料理をデータベース化した農林水産省の特設サイト「うちの郷土料理~次世代につたえたい大切な味~」が、ツイッターで「想像以上に深くて面白かった」などと話題になっている。取り組みについて話を聞いた。

  • 「うちの郷土料理」公式サイトより
    「うちの郷土料理」公式サイトより
  • 各地の郷土料理(「うちの郷土料理」公式サイトより)
    各地の郷土料理(「うちの郷土料理」公式サイトより)
  • 東京都の郷土料理(「うちの郷土料理」公式サイトより)
    東京都の郷土料理(「うちの郷土料理」公式サイトより)
  • 沖縄県の郷土料理(「うちの郷土料理」公式サイトより)
    沖縄県の郷土料理(「うちの郷土料理」公式サイトより)
  • 「うちの郷土料理」公式サイトより
  • 各地の郷土料理(「うちの郷土料理」公式サイトより)
  • 東京都の郷土料理(「うちの郷土料理」公式サイトより)
  • 沖縄県の郷土料理(「うちの郷土料理」公式サイトより)

「食文化を地域ぐるみで次世代に継承していく」

   話題のきっかけになったのは、あるツイッターユーザーによる2022年10月24日の投稿だ。冒頭のような文章と併せて「うちの郷土料理」を写真で紹介した。

   サイトには都道府県ごとの郷土料理が写真付きで掲載されている。例えば京都府は「黒豆煮」、「たけのこの木の芽和え」、「万願寺とうがらしとじゃこの炊いたん」など30種。料理の個別ページに遷移すると、主な伝承地域、主な使用食材、歴史・由来・関連行事、食習の機会や時季、飲食方法、保存・継承の取組、といった詳しい情報に加え、レシピを閲覧できる。

   個別の料理の情報にとどまらず、地域の風土や食文化といった、郷土料理が生まれた背景を学べるページも公開されている。

   企画の経緯について同サイトは、農水省がユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」の文化を継承するため様々な活動をしているとし、その一環として、「全国各地で受け継がれてきた地域固有の多様な食文化を地域ぐるみで次世代に継承していく」という目的で19年に開設したと伝えている。

   発端となった投稿は1万3000件以上リツイートされるなど注目を集め、「想像以上に深くて面白かったです」「見てるだけで楽しい~」「ほんと時間飛ぶように過ぎてくわ」と絶賛されているほか、「地元の名物料理、半分も知らなかった」「自分が慣れ親しんで食べてたものが実は郷土料理だったことを知って驚いた」といった反応もでている。

   反響について農水省食文化室の担当者は26日、「もう大変嬉しく思います」とJ-CASTニュースの取材に喜びを表した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中