2024年 2月 22日 (木)

京口紘人VS寺地拳四朗戦の勝敗予想は「9対11」 米メディア識者真っ二つ「年間最高試合」の期待も

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロボクシングの世界ライトフライ級2団体王座統一戦が2022年11月1日にさいたまスーパーアリーナで行われる。WBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ、28)とWBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(BMB、30)が対戦する。

  • プライムビデオインスタグラムより(@primevideojp)
    プライムビデオインスタグラムより(@primevideojp)
  • プライムビデオインスタグラムより(@primevideojp)

「寺地はあらゆる面で一歩先を行っている」

   日本人選手同士による世界王座統一戦は10年ぶり2度目で世界でも注目の一戦だ。米国の権威ある老舗ボクシング専門誌「ザ・リング」(WEB)は10月31日に統一戦の特集記事を公開し20人の識者が試合を予想した。

   同メディアが設定するライトフライ級の世界ランキングでは京口がチャンピオンに君臨し、寺地が1位にランクされている。記事では両者はアマチュア時代に対戦しており互いによく知っているとし、王座統一戦は両者にとって大きなチャンスで勝者は日本のスターになる可能性が高いとの見解を示した。

   実力者同士の一戦の予想は真っ二つに割れた。識者20人が予想した結果は、11人が寺地の勝利、9人が京口の勝利を支持した。

   「ザ・リング」の編集者であるダグ・フィッシャー氏は京口の判定勝利を予想し「京口は接近戦で集中的なボディーアタックと絶え間ないプレッシャーを与え寺地のスタイルを崩壊させる。寺地は勇敢に反撃するも12回終了後の判定は満場一致で京口です」などの寸評を記した。

   「ザ・リング」の元編集長トム・グレイ氏は寺地の判定勝利を予想。「2人ともエリートレベルだが、寺地はあらゆる面で一歩先を行っていると感じています。彼はより速く、より用途が広く、機動性が高いと思う」と評価し、「矢吹(正道)戦の敗戦は寺地にとって大きな転機であり、その敗北は簡単に報われた」と指摘した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中