2024年 2月 22日 (木)

寺地拳四朗「完勝」の王座統一戦、勝敗分けたポイントは? 「京口は6回に勝負をかけるべきだった」識者分析

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロボクシングの世界ライトフライ級王座統一戦が2022年11月1日にさいたまスーパーアリーナで行われ、WBC同級王者・寺地拳四朗(BMB、30)がWBA同級王者・京口紘人(ワタナベ、28)を7回TKOで破り王座統一に成功した。寺地はWBC王座を初防衛し、京口はプロ17戦目で初の黒星となった。

  • 寺地拳四朗選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
    寺地拳四朗選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
  • 寺地拳四朗選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)

「想像以上に差がついた感じがある」

   日本人選手同士よる10年ぶりの世界王座統一戦は初回に寺地が左ジャブで主導権を握った。寺地はテンポ良くワンツー、右クロスを打ち込み5回には右ストレートでダウンを奪った。京口は5回のダウン直後に反撃し寺地を棒立ちにさせるもあと一歩及ばず。終始ペースをつかんだ寺地が7回に京口を仕留め2つ目のベルトを獲得した。

   試合の模様は米国など海外でも放送され世界の注目を集めた。実力者同士の一戦は前評判通り緊迫した展開となったが、勝敗を分けたポイントはどこにあったのか。J-CASTニュース編集部は、プロボクシングの元協栄ジム会長の金平桂一郎氏(56)に分析してもらった。

   金平氏は寺地の7回TKO勝利に「想像以上に差がついた感じがある」と率直な感想を述べ、立ち上がりの両者のボクシングに言及した。

「初回にジャブの打ち合いになった時に一番目立ったのが寺地選手のポジショニング。前後の出入りとサイドステップが非常に良かった。京口選手はガードがしっかり上がっていたが寺地選手のテンポの良い連打に後手を踏んでしまった。寺地選手がうまい戦い方をした。寺地選手が思い切り行って京口選手がポイントを失う。京口選手が焦っているところにうまくカウンターで迎え撃つ。ボクシングの幅の差。それが予想以上にあったと思います」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中