2024年 2月 23日 (金)

井上尚弥は「世界最高の選手ではない」 Sバンタム級2団体王者が挑発...階級めぐる皮肉も

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロボクシングのWBC、WBO世界スーパーバンタム級王者スティーブン・フルトン(米国、28)が、世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋、29)へのライバル心をむき出しにした。

   米国のボクシング専門メディア「ボクシングシーン」(WEB版)が2022年11月10日にフルトンのインタビュー記事を公開。井上は間違いなく世界最高のパウンド・フォー・パウンド(PFP=全階級を通じて最強)ファイターだが、フルトンは井上を最高のファイターと呼ぶことを望んでいないと伝えた。

  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
    井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)

「もし井上からパワーを奪ったら、それでも良い選手だと思うか?」

   インタビューの中でフルトンは「井上はいい選手だ」と評価しつつも、「でも井上が世界最高とは言えない」と語った。さらに「もし井上からパワーを奪ったら、それでも良い選手だと思うか?」と、KOの山を築き上げる「モンスター」を皮肉るように挑発した。

   フルトンはアマチュアボクシングを経て14年10月にプロデビューした。21年1月に行われたWBO世界スーパーバンタム級タイトル戦で王者アンジェロ・レオ(米国、28)を判定で破り王座獲得。同年11月にWBC世界スーパーバンタム級王者ブランドン・フィゲロア(米国、27)と王座統一戦を行い、判定勝利を収めて2団体統一王者となった。プロ戦績は21戦全勝(8KO)。

   米国の権威あるボクシング専門誌「ザ・リング」が設定するスーパーバンタム級のランキングでは王者が空位になっており、フルトンが最上位の1位に君臨。WBA、IBF世界スーパーバンタム級王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン、28)が2位にランクされている。

   スーパーバンタム級のランキングでは1位にランクされるも、同メディアが設定するPFPランキングの10傑には入っていない。井上は過去にPFPランキング1位に輝いたこともあり、現在は2位につけている。同じ全勝で複数団体を制した両者だが、世界的評価は井上が大きくリードしている。

   井上は12月13日に有明アリーナでWBO世界バンタム級王者ポール・バトラー(英国、33)と4団体王座統一戦を予定しており、王座統一に成功すればスーパーバンタム級に上げる可能性が高い。2団体の王座を保持するフルトンは、アフマダリエフとともに井上の将来のライバルとされる。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中