2024年 2月 22日 (木)

「AM放送」存廃問題、韓国では一足先に「停波」突入 「音質悪く受信も不便」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   日本でAMラジオ局の経営環境が厳しさを増す中、韓国ではすでにAMの停波が本格化している。韓国ではAM放送の内容がFMでも同時放送されていることが多く、2021年11月から地方局が相次いでAMを停波。FMを聴くように呼びかけている。

   22年11月8日未明には、ソウルの2局もAMを止めた。現時点では「運用休止」で、半年後に廃局になる。公共放送のKBSは現時点では継続しているが、国外向けを除いて廃止される見通しで、すでにAMは風前のともしびだ。

  • ソウルでもAM放送は風前のともしびだ(写真はイメージ)
    ソウルでもAM放送は風前のともしびだ(写真はイメージ)
  • ソウルでもAM放送は風前のともしびだ(写真はイメージ)

「音質も低く受信が不便だった」AMを「優れた受信環境と音質」のFMに一本化

   AM停波は、放送行政を所轄する「放送通信委員会」が「AMと標準FM機能調整」政策を進めていることを受けた対応だ。AMリスナーが減少し、施設が老朽化していることを受けて「(AMと同じ内容を放送している)標準FMへの代替可能性などを考慮」する内容。「代替」は、FMが安定して送信できていることが前提だ。

   停波の動きが目立ったのが文化放送(MBC)の系列だ。MBCにはソウル以外に全国に16の系列放送局があり、大邱(テグ)の放送局が休止を経て21年11月に停波。22年9月には南部の釜山(プサン)や麗水(ヨス)で休止に入った。11月8日にはソウルでも休止され、半年後には廃局になる予定だ。ソウルのMBCと同じタイミングで、ソウルに本拠地を置く民放のSBSもAMを休止している。MBCは1961年12月、SBSは91年3月にAMラジオを開局。それぞれ約60年、約30年の歴史に幕を下ろす。

   SBSはウェブサイトで、「音質も悪く受信が不便だった」AMを「優れた受信環境と音質」のFMに一本化することで「リスナーの皆様により良いサービスを提供する」と説明している。

   通信社の「ニュース1」によると、残るAM局はMBC(浦項(ポハン)、全州(チョンジュ))、キリスト教系のCBS(ソウル、釜山)、KBS(全国)など。ただ、MBCとCBSは「AM放送を近く整理する予定」で、KBSも国外向けを除いて廃止の方向だと報じている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中