2022年 12月 7日 (水)

浅野拓磨を「ヘボ」呼ばわり...闘莉王氏が謝罪 ドイツ戦決勝弾で「ヘボじゃない」「取り消しです」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   サッカーの元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏(41)が2022年11月24日にユーチューブチャンネルを更新し、ワールドカップ(W杯)カタール大会ドイツ戦で決勝ゴールを決めたFW浅野拓磨(28)に謝罪した。

  • 闘莉王氏(写真:アフロ)
    闘莉王氏(写真:アフロ)
  • 闘莉王氏(写真:アフロ)

「これは本当の話、お詫び致します」

   闘莉王氏はW杯開幕前の11月4日に公開したユーチューブ動画で日本代表FW陣を酷評。浅野、前田大然(25)、上田綺世(24)の名を挙げ「ヘボ、ヘボ、ヘボ」と連呼し、「3人をミキサーに入れて1人だけの選手を作るんだったらそれも作れないくらい3人ともヘボ」とぶった切った。

   さらに「怖さを与えない。3人いてパーツを選んで1人だけのFWを作ろうと(したら)、前田の速さ、上田のヘディング、浅野の裏への突破(力)。そういう良いところを取ったとしても1人のFWになりきれないぐらい3人とも良くない。これで点取れない」との持論を展開した。

   闘莉王氏が「ヘボ」と酷評した浅野は1-1で迎えた後半38分にフリーキックから右サイドに飛び出し右足を振り抜いて逆転ゴールを決めた。これが決勝点となり日本が2-1でドイツを下し歴史的勝利を飾った。先発出場した前田は得点できず後半12分に浅野と交代してベンチに下がった。

   冒頭で「これは本当の話、お詫び致します」と謝罪し、「前田ヘボ、上田ヘボ、浅野ヘボじゃない。取り消しじゃ。よくやってくれた。めちゃくちゃシュートチャンスがあってなかなか決められなかったのにあのトラップで決まりましたね。謝罪します。(ヘボ)取り消しです」と前言撤回した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中