2022年 12月 7日 (水)

「韓国もアンダードッグの反乱に続く」 W杯「アジア旋風」に地元メディア興奮...南野&久保も激励

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会の「アジア旋風」に韓国も乗れるか。複数の韓国メディアが2022年11月24日にW杯の特集記事を公開し、グループリーグで強豪国を破ったアジア勢の活躍に続くよう自国代表を「鼓舞」した。

  • イ・ガンイン選手(写真:アフロ)
    イ・ガンイン選手(写真:アフロ)
  • イ・ガンイン選手(写真:アフロ)

「かませ犬」のアジア勢が2日連続で優勝候補を撃破

   グループCでは22日にサウジアラビアがアルゼンチンを2-1で破る殊勲。前半10分にエース、リオネル・メッシ(35)にPKを決められ先制を許すも後半3分と8分に立て続けに得点し逆転で金星を挙げた。

   23日には日本がドイツを2-1で破った。サウジアラビア同様に前半にPKで失点するも、後半2得点で逆転勝利。優勝候補相手から勝ち点「3」を奪った。

   韓国主要メディア「朝鮮日報」(WEB版)は、「韓国も特別な仕事をすることができる」とのタイトルで記事を公開。W杯カタール大会で「アンダードック(かませ犬)」に分類されたアジア勢が2日連続で優勝候補を撃破し「アジア旋風」が起きたと伝えた。

   記事では日本代表FW南野拓実(27)とMF久保建英(21)が、韓国代表にエールを送ったことを紹介した。

   南野はドイツ戦後、韓国メディアの取材に対応し「韓国チームにファン・ヒチャンを含む友達がいる。韓国も何か特別なことをする能力がある。勝つのを見たい」と語った。韓国代表FWファンとはオーストリア・ザルツブルク時代の同僚で、友人関係にあるという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中