2023年 12月 6日 (水)

本田圭佑「笑われる意味が分からない」 堂安さん、三笘さん...後輩「さん付け」の真意明かす

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   サッカー元日本代表の本田圭佑さんが2022年11月24日、ワールドカップ(W杯)カタール大会のグループステージ第1戦・日本対ドイツ戦の解説で、一部の日本代表選手を「さん付け」で呼んでいたことについてツイッターで説明した。

  • 本田圭佑さん
    本田圭佑さん
  • 本田圭佑さんのツイッター(@kskgroup2017)より
    本田圭佑さんのツイッター(@kskgroup2017)より
  • 本田圭佑さん
  • 本田圭佑さんのツイッター(@kskgroup2017)より

「さん付けして笑われる意味がわからない」

   本田さんは、日本が優勝候補のドイツに2-1で逆転勝利した試合の「ABEMA」中継で解説を担当。その中で、自身より年下の日本代表選手たちを「堂安さん」「三笘さん」「鎌田さん」などと「さん付け」で呼んでいたことが話題になっていた。

   これを受け本田さんは24日20時頃、「さん付けして笑われる意味がわからない」とツイート。続けて、「スポーツ界の無意味な縦社会はなくした方がいい。関係が深くない先輩に偉そうにされると、ん?誰?って思ってしまう。同じことをしたくないから『さん』を付ける」とその真意を明かした。

   このツイートにSNS上では、「意図は伝わる人には伝わってますよ。好感度爆上がりです」「ケイスケホンダ流のリスペクト素晴らしい」「偉そうに呼び捨てで呼ぶのではなく 敬意をもってさん付け!!いろんな業界に広がって欲しい文化ですね」など賞賛の声が相次いでいる。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中