2024年 2月 24日 (土)

日本サポ、コスタリカ戦で旭日旗掲出?韓国メディアが報道 ゴミ拾いとの対比で「二面性」指摘

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   韓国の複数メディアが2022年11月27日、同日に行われたサッカーワールドカップ(W杯)カタール大会の日本対コスタリカ戦で旭日旗が登場したと報じた。旭日旗をめぐり韓国国内で物議を醸しているという。

  • 試合後にゴミ拾いをする日本人サポーター(写真:AP/アフロ)
    試合後にゴミ拾いをする日本人サポーター(写真:AP/アフロ)
  • スタジアム内の旭日旗(写真:ロイター/アフロ)
    スタジアム内の旭日旗(写真:ロイター/アフロ)
  • 試合後にゴミ拾いをする日本人サポーター(写真:AP/アフロ)
  • スタジアム内の旭日旗(写真:ロイター/アフロ)

日本人サポーターはカタールで「恥をかいた」

   グループEの日本はアフメド・ビン・アリー・スタジアムでコスタリカと対戦し0-1で敗れた。前半を0-0で折り返し、後半36分にコスタリカに一瞬のスキを突かれ失点。これが決勝点となり痛恨の黒星を喫した。

   日本戦を速報した複数の韓国メディアは、日本人サポーターが旭日旗をスタジアムに持ち込んだと指摘した。

   韓国主要メディア「中央日報」(WEB版)は、旭日旗は第二次世界大戦当時、日本が韓国を含む他の国を侵攻する際に使用した帝国主義の軍旗であると解説し、スタジアム内での日本人サポーターの行動に言及した。

   同メディアによると、観客席に日本人サポーターが持ち込んだ旭日旗が登場したとし、一部の日本人サポーターはスタジアム内に旭日旗を掲げようとし大会関係者によって旭日旗が撤去されたと伝えた。旭日旗を撤去された日本人サポーターはカタールで「恥をかいた」と主張した。

   また、4年前W杯ロシア大会では、国際サッカー連盟(FIFA)の公式インスタグラムに旭日旗を振って応援する画像がアップされ、韓国のインターネットユーザーがFIFAに抗議のメッセージを送ったことで画像は9時間に削除されたと指摘した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中