2024年 4月 25日 (木)

マダムシンコ「求人詐欺」問題は氷山の一角?レアケース? 揺らいだ信頼、大手求人サイトの対策は 

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   人気洋菓子店「マダムシンコ」での"おとり求人"問題を受け、求職者に衝撃が広がっている。

   大手求人サイトで「月給35万円以上(残業代含む)」と書かれていたものの、実態と乖離していたことが判明し、元従業員がマダムシンコの運営会社に労働審判を申し立てた。

   同社の企業倫理やコンプライアンス(法令順守)が問われるとともに、求人サイトの信頼が揺らぐ事態にもなっている。求人サイト各社はどのような対策を講じているのか。

  • マダムシンコウェブサイトより
    マダムシンコウェブサイトより
  • マダムシンコウェブサイトより

ページビュー稼ぎのため

   マダムシンコの問題は、2022年10月に報じられて大きな関心を集めた。読売新聞によれば、求人サイト「インディード」を通じてマダムシンコの仕事に応募した元従業員が、募集内容に虚偽が含まれていたとして、運営会社「カウカウフードシステム」(大阪府)に対し未払い賃金の支払いを求めて大阪地裁に労働審判を申し立てた。

   求人ページには「月給35万円以上(残業代含む)」と書かれており、採用面談でも相違ないか確認したものの、入社後に誇大広告だとわかった。

   毎日新聞の11月28日の報道によれば、カウカウフードシステムには25日付で約90万円の支払いが命じられた。会社側は「インディードの広告は閲覧者を増やすためで、給与額を高く表示しただけに過ぎない」と反論したという。

   SNSでは運営会社への批判が相次ぐとともに、求人サイト側のチェック体制を問う声も見つかる。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中