2024年 2月 28日 (水)

国会予算委が「公開取調室みたい」 秋葉復興相への追及、玉木氏が疑問「国民から見てどうなのか」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   国民民主党の玉木雄一郎代表は2022年11月29日の定例会見で、秋葉賢也復興相が衆院予算委で野党から厳しく追及されていることについて、「尋問合戦」「公開取調室」だとして疑問視した。

   一連の問題は「重要」で、特別委員会を設けて審議すべきだと主張。「予算委員会ではやっぱり予算の話を」などと述べた。

  • 定例会見に臨む国民民主党の玉木雄一郎代表(写真は国民民主党の配信動画から)
    定例会見に臨む国民民主党の玉木雄一郎代表(写真は国民民主党の配信動画から)
  • 定例会見に臨む国民民主党の玉木雄一郎代表(写真は国民民主党の配信動画から)

政府・与党には「早くすっきりさせてもらいたい」

   秋葉氏をめぐっては、自身が代表を務める自民党支部が「世界平和統一家庭連合」(旧統一教会)関係団体に「会費」名目で2万4000円を支出していたことや、秋葉氏の次男が21年の衆院選でたすきをかけて街頭に立ったことなどが問題視されている。

   玉木氏の発言は、一連の事態と秋葉氏の進退への見解を問われる中で出た。政府・与党に対しては

「協力すべきところはすべきだと思って向き合っているので、ぜひ政府側においても、その環境を整えてもらいたい。ガタガタガタガタしていると我々としても協力できるところもできなくなってしまう」

などと対応を求め、「早くすっきりさせてもらいたい」と述べた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中