2024年 2月 22日 (木)

ゆうこす「Wi-Fiは肌へ悪影響」と化粧品宣伝 「言い間違え」釈明も疑念拭えず...運営会社は「確認中」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   元HKT48で美容系ユーチューバーの「ゆうこす」こと菅本裕子さん(28)が、「Wi-Fiは肌へ悪影響」といった内容で自らプロデュースしたブランドの化粧水を宣伝する動画配信を行い、皮膚科医からツイッター上で批判された。

   菅本さんは、「言い間違え」だったとツイッターで謝罪し、ユーチューブから動画を削除した。化粧水サイト上などでも、「Wi-Fi から保護する成分を配合」との表現があるが、ブランド運営会社は、「対応について社内で確認している」と取材に説明した。

  • 化粧水を手に取る菅本裕子さん(ユーチューブ動画から、削除済み)
    化粧水を手に取る菅本裕子さん(ユーチューブ動画から、削除済み)
  • 「Wi-Fiは肌へ悪影響」などと主張(ユーチューブ動画から、削除済み)
    「Wi-Fiは肌へ悪影響」などと主張(ユーチューブ動画から、削除済み)
  • 化粧水を手に取る菅本裕子さん(ユーチューブ動画から、削除済み)
  • 「Wi-Fiは肌へ悪影響」などと主張(ユーチューブ動画から、削除済み)

「Wi-Fiとかも肌への悪影響になっちゃうんですよ」

   「このコフレ最強すぎるでしょ...」。菅本さんは、こんなタイトルなどでユーチューブに動画を投稿した。

   その中で菅本さんは、自らのスキンケアブランド「YOAN(ユアン)」の化粧水商品「BQ ミストローション」を紹介する際に、

「実はブルーライトとかWi-Fiとかも肌への悪影響になっちゃうんですよ」

   などと発言した。

   そのうえで、先述の化粧水について、「Wi-Fiとかブルーライトもカットもできる」と宣伝した。テロップでも、Wi-Fiなどから保護するとした「RCバリアコンプレックス成分入り」と表示されていた。

   これに対し、皮膚科医で医療系メディア「Lumedia」編集長のやさひふさんが2022年11月30日、「wi-fiが人体へ有害という適切な根拠はありません」とツイッターで指摘し、「身近な物への不安を煽り、対応策として自分の製品を売るのはよくある手口です...」と苦言を呈した。

   そして、「『RCバリアコンプレックス』という成分の効果について全く根拠が示されていないと、非常に問題が多い宣伝だと言えます」とも述べた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中