2024年 3月 3日 (日)

「涙が出ちゃうんだよ」スペイン撃破で号泣 元日本代表・鈴木啓太氏に感動「もらい泣きしました」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   サッカー元日本代表MF鈴木啓太氏(41)が2022年12月2日にユーチューブチャンネルを更新し、同日にハリファインターナショナルスタジアムで行われたワールドカップ(W杯)カタール大会グループステージ第3戦・日本対スペイン戦を解説した。

  • 鈴木啓太氏(写真:アフロスポーツ)
    鈴木啓太氏(写真:アフロスポーツ)
  • 鈴木啓太氏(写真:アフロスポーツ)

「涙がでちゃうんだよ」

   グループステージ1勝1敗の日本は、前半11分にスペインFWアルバロ・モラタ(30)にヘディングシュートを決められ先制を許した。スペインの精度の高いパスに翻弄され我慢の時間が続く中、この状況を耐え抜き追加点を許さず、前半を0-1で折り返した。

   後半からMF堂安律(24)がMF久保建英(21)、MF三笘薫(25)がDF長友佑都(36)にそれぞれ代わって登場。後半3分に代わったばかりの堂安が同点ゴールを決め、同6分には三笘のクロスをMF田中碧(24)が体で押し込んで逆転した。このゴールが決勝点となり、日本がグループ1位で決勝トーナメント進出を決めた。

   鈴木氏は冒頭で「言葉にならないね。やばい」と発すると右手で右目を押さえ涙を拭った。そして泣き笑いの表情を見せ「自分試合してないのにさ」と吐き出し、「本当に良かった」と拝むように手のひらを合わせた。

   自身が出場することができなかったW杯への思いは特別なようで「言葉にならないよ。そして(動画を)見ている人たち『なんでお前泣いてるんだよ』と思うだろうけど分からない。涙が出ちゃうんだよ」と感情を抑えきれない様子だった。

   日本はグループステージ初戦のドイツ戦を2-1で勝利し、優勝候補から勝ち点「3」を奪い取った。ところがコスタリカとの第2戦では相手の守りを崩すことができず、後半36分に先制されると0-1のまま試合終了のホイッスルを聞いた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中