2024年 3月 2日 (土)

巨人・松原聖弥「背番号9」1年で剥奪の現在地 身体能力は抜群も...指摘される「欠点」とは

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プロの世界は厳しい。巨人・松原聖弥が今オフ、わずか1年で背番号「9」を剥奪された。

   今年は完全に輝きを失っていた。50試合出場で打率.113、0本塁打、4打点、2盗塁。リードオフマンとして期待されたが、打撃で結果を残せず1軍と2軍を往復した。

  • 巨人の本拠地、東京ドーム
    巨人の本拠地、東京ドーム
  • 巨人の本拠地、東京ドーム

「外野の守備能力で言えばチームNo.1でしょう」

   スポーツ紙デスクは松原について、

「足が速くて身体能力が高い。外野の守備能力で言えばチームNo.1でしょう。躍動感あふれるプレーは大きな魅力ですが、松原の欠点は状況判断に応じたプレーにあります。走者を進めなければいけない局面で簡単にフライを打ち上げたり、塁に出ることが求められる役割でボール球に手を出して三振する。本人も試行錯誤をしていると思いますが、首脳陣とすれば歯がゆいでしょう」

と語る。

   育成枠で入団して駆け上がってきた。

   昨年は135試合出場で打率.274、12本塁打、37打点、15盗塁といずれも自己最高の数字をマーク。自慢の俊足でダイヤモンドを疾走し、2ケタ本塁打を打つパンチ力もある。ストライクゾーンを外れたボール球をヒットゾーンに飛ばすミート能力は稀有な才能と言えるだろう。

   ただ、攻守で手痛いミスも目立った。実戦で失敗はつきものだが、勝負を左右する大事な局面では命取りになる。背番号「9」を託した亀井善行打撃コーチが21年10月23日のヤクルト戦(東京ドーム)後に行われたセレモニーで、「聖弥、あんたは天才だから。もうちょっとだけ頭使っていけよ」と名指しでゲキを飛ばしていたのが印象的だった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中