2023年 2月 3日 (金)

W杯スペイン撃破後、甥が道路でサッカー練習→「危険」「迷惑」と批判 元日本代表が投稿謝罪

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   サッカー元日本代表の石川直宏さんが2022年12月2日にツイッターで、甥っ子が道路でサッカーの練習をする動画を公開したが、のちに「様々な配慮や注意不足でご心配やご迷惑をお掛け致しました」と謝罪した。

  • 石川直宏さん(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    石川直宏さん(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 石川直宏さん(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

「顔に泥を塗る様な発信、大変申し訳ありませんでした」

   石川さんはツイッターで「試合が終わった朝6時。ユニはやっぱり横須賀出身の純也」「小1の甥っ子が『次のW杯に出るっ!』と」とつづり、現在FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会で活躍している日本代表MF伊東純也選手のユニフォームを着用した甥っ子がドリブルの練習をする動画を公開した。

   石川さんは「次は無理かもしれないけど 笑」「ただ、可能性は無限大」とつづり、「叶えられなかったおじちゃんの夢も頼んだぞ」と甥っ子に呼びかけていた。

   しかし、甥がドリブルの練習をしていたのは車も通行する道路。石川さんの元には一部ツイッターユーザーから、

「道路遊びは社会問題になってますよ」
「こんな危険なことしてたらそのうち事故に遭ってW杯どころじゃなくなるんじゃないか?」
「朝6時から路上でサッカーって迷惑」

といった苦言が集まってしまった。

   その後、石川さんは4日にあらためてツイッターを更新し、「多くのご指摘・コメントいただきました。ありがとうございます」と感謝。また、「様々な配慮や注意不足でご心配やご迷惑をお掛け致しました。せっかくの日本代表の躍進。顔に泥を塗る様な発信、大変申し訳ありませんでした」と謝罪した。「事故や近隣のご迷惑にならない教育・指導を私自身も改善し、周知していきます」とつづっていた。

   石川さんの投稿には「なんか生きにくい世の中になったなーって感じました」「他の人が言いたいことも分からんではないけど、リフティングではないし、ドリブル一つでこんなに言われるのは可哀想やなと」と同情する声も寄せられた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中