2024年 3月 3日 (日)

田村淳、出馬打診「8回ぐらい」受けていた 政治に関心、それでも「絶対やらないと思った」理由

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   国政選挙のたびにその是非が議論になる「タレント候補」。その舞台裏の一端を、お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さん(49)がBS11の年末特番で明かしている。

   田村さんは日頃から「政治に興味関心がある」と公言し、政界進出のうわさがたびたび浮上する。過去にさまざまな政党から「8回ぐらい」出馬の打診を受け、2022年夏の参院選では2つの政党からアプローチがあったという。だが、話を聞いて「『絶対やらない』と思ったんですよね」。立候補したいという思いからは「かなり距離を置くようになった」が、それはなぜなのか。

  • 田村淳さんは2022年夏の参院選で2つの政党から出馬の打診を受けた(BS11のユーチューブより)
    田村淳さんは2022年夏の参院選で2つの政党から出馬の打診を受けた(BS11のユーチューブより)
  • 田村淳さんは2022年夏の参院選で2つの政党から出馬の打診を受けた(BS11のユーチューブより)

「なんでこの党の方が僕に打診してくるんだろう?という党も」

   田村さんによると、これまでに「幾度となく」「8回ぐらいは、いろんな党から」出馬の打診を受けてきた。打診してくる政党は実にさまざまで、

「なんでこの党の方が僕に打診してくるんだろう?と思う党もあれば、いつもの発言からシンパシーを感じていただいて『出馬してみませんか』という話をいただく」

という。

   政治には興味があるため、政党から「話をしたい」と言われた場合は必ず応じるようにしてきた。参院選では2つの政党から話を聞いたが、出馬は断った。政党の担当者に、衆院からの出馬可能性についてたずねると「いや、タレントさんは参議院からの方がいい」。参院で2期12年を務めて初めて「やりたいこととか、政治の世界の中で意見が通るようになる」と言われ、「『絶対やらない』と思ったんですよね」との考えに至った。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中