2024年 3月 3日 (日)

韓国メディア、W杯運営の「不手際」痛烈批判 「最後までまともな通訳を聞くことができなかった」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   韓国メディアがサッカーワールドカップ(W杯)カタール大会組織委員会の通訳をめぐるずさんな対応を批判した。

   スポーツメディア「スポーツソウル」(WEB版)は2022年12月6日にW杯カタール大会を総括する特集記事を公開した。記事では大会期間中に行われた記者会見における韓国代表通訳の「誤訳」問題に言及し、組織委員会の不手際を指摘した。

  • 韓国代表ベント監督(写真:ロイター/アフロ)
    韓国代表ベント監督(写真:ロイター/アフロ)
  • 韓国代表ベント監督(写真:ロイター/アフロ)

誤訳は韓国メディアに大きな混乱をもたらした

   同メディアは大会期間中に2度の「誤訳」があったと主張した。最初の「誤訳」はグループステージ第2戦目のガーナ戦を翌日に控えた11月27日に起きた。

   韓国はグループステージ初戦のウルグアイ戦を0-0で引き分けた。第3戦が優勝候補ポルトガルということもあり、第2戦のガーナ戦はなんとしても勝ち点が必要な状況だった。

   このような背景のもと行われた会見で、韓国代表のパウロ・ベント監督(53)が守備の要であるDFキム・ミンジェ(26)の出場可否について言及。記事によると、ベント監督の通訳を務めた人物は「明日はキム・ミンジェの出場は難しい」と伝えたという。

   会見はそのまま進行していったが、他の質問で通訳の違和感を覚えたベント監督が当惑し、メディアの要請により当初のポルトガル語から英語でのコメントに切り替えた。そして「キム・ミンジェの出場はまだ分からない。明日までに状況を見て決める」と改めてキムの状態を説明した。

   通訳によるこの「誤訳」は、韓国メディアに大きな混乱をもたらしたという。

   結局キムは28日のガーナ戦に先発出場したものの、チームは激闘の末2-3で敗れた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中