2024年 3月 3日 (日)

5年総額123億「超大型契約」で合意 吉田正尚をレッドソックスが高評価した理由とは...識者分析

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   ポスティング・システムでメジャー挑戦を目指していたオリックス・吉田正尚が、レッドソックスと合意したと、MLB公式サイトなどが2022年12月8日(日本時間)に伝えた。5年総額9000万ドル(約123億3000万円)の契約とされている。

   日本人野手は活躍したケースが少ないため、市場価値に疑問の声が上がっていたが、米国で取材する通信員は合意前の段階で、「『吉田は日本で一番安打を打つのが巧い選手』と各球団のフロントは高く評価している。複数球団による争奪戦になることは間違いない」と予測していた。

  • 吉田正尚(写真:西村尚己/アフロスポーツ)
    吉田正尚(写真:西村尚己/アフロスポーツ)
  • 吉田正尚(写真:西村尚己/アフロスポーツ)

「日本ではクリーンアップを打っていましたが...」

「日本ではクリーンアップを打っていましたが、米国ではチャンスメーカーやクラッチヒッターという認識です。足が速いわけではないですが、コンタクト能力が高く出塁率も高い。2、6、7番あたりで打率.300、15本塁打をクリアすれば合格点をつけられる」(同)

   身長173センチと体格に恵まれているわけではないが、筋肉隆々の体からのフルスイングが大きな魅力だ。

   規格外の飛距離のアーチを放つが、長距離砲ではない。シーズン最多本塁打は19年の29本。プロ7年間で30本塁打を一度もクリアしていない。一方で卓越したミート能力を誇り、相手バッテリーは抑えるのが至難の業だ。20年は打率.350、昨年は打率.339で2年連続首位打者を獲得。今季も打率.335で通算打率.327のハイアベレージを残している。選球眼にも優れ、昨年、今年と2年連続最高出塁率に。三振数も少なく、20年は29、昨年は26、今年も41だった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中