2024年 2月 25日 (日)

ひとり焼肉、ラーメン、日本酒も... SKE48卒業から1か月、須田亜香里が明かす「おひとり様生活」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   タレントの須田亜香里さん(31)がSKE48を卒業して1か月。アイドルは「卒業=恋愛解禁」と受け止められることが多いが、2022年12月8日に都内で開かれたPRイベントで、「おひとり様生活」を披露した。

   イベントは、食品大手のミツカン(愛知県半田市)が期間限定で東京・表参道に開く「凹(へこ)メシ食堂」のPR。自分が「へこんだ」エピソードをカードに書き込み、それと引き換えに無料で鍋料理を提供して元気を出してもらう、という趣向だ。須田さんのエピソードは「独りに慣れすぎた」。卒業で「恋愛解禁」に期待を寄せていたものの、「あれ?楽しみにしていたことが意外と広がらないかも?と、今すごくへこんでいます」と、こぼしていた。

  • SKE48を2022年11月に卒業した須田亜香里さん。「へこんだこと」として「独りに慣れすぎた」ことを挙げた
    SKE48を2022年11月に卒業した須田亜香里さん。「へこんだこと」として「独りに慣れすぎた」ことを挙げた
  • なかやまきんに君は、パネルに「流行語大賞獲れなかったけど…」と書き込んだ
    なかやまきんに君は、パネルに「流行語大賞獲れなかったけど…」と書き込んだ
  • なかやまきんに君(右)と須田亜香里さん(左)
    なかやまきんに君(右)と須田亜香里さん(左)
  • SKE48を2022年11月に卒業した須田亜香里さん。「へこんだこと」として「独りに慣れすぎた」ことを挙げた
  • なかやまきんに君は、パネルに「流行語大賞獲れなかったけど…」と書き込んだ
  • なかやまきんに君(右)と須田亜香里さん(左)

「『アイドルはファンの方が恋人』という気持ちで13年間駆け抜けてきた」

   SKE48というグループを離れて仕事の環境が大きく変わり、今でも「ひとりじゃちょっと寂しいなとか、まだ心細いなと思うこと」はあるという。ただ、特に須田さんが嘆いたのは、13年間のアイドル生活のうちに、生活が「おひとり様」に最適化されてしまったことだ。

「まさに『アイドルはファンの方が恋人』という気持ちで13年間駆け抜けてきたので、プライベートを充実することなく、ずっと独り身で31歳まで駆け抜けたという現実があるので、なんかひとりでいるのが平気すぎちゃって...」

   この状況はアイドル卒業後も変わらず、ひとりで日本酒を楽しむことも覚えた。これではずっと「おひとり様」が続くのでは、というわけだ。

「今までもひとり焼肉、ひとりラーメンとか全部平気だったんですが、最近は、いよいよひとりで日本酒飲んで家に帰るっていう、そういう大人の楽しみ方をするようになってしまった自分に、『あれ?私って、このまんまだとずっとひとりなんじゃないか』と、ひとりわれに返ったときに、すごいへこみました」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中