2023年 2月 3日 (金)

旭日旗に続き「神風Tシャツ」禁止を韓国大学教授求める W杯日本サポに「特攻隊応援?」地元報道

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

    韓国・誠信女子大学のソ・ギョンドク教授(48)が2022年12月9日にインスタグラムを更新し、サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会で日本人サポーターがスタジアム内に神風と記されたTシャツを持ち込んだと指摘した。

    インスタグラムにはそのTシャツを手に持つ人物と顔を青色でペイントし神風と記された鉢巻を巻くサポーターの写真が添付されている。撮影された日時や場所、人物などは特定されていないが、ソ教授によるとW杯カタール大会の日本戦を観戦していた人物から情報提供を受けたという。

  • カタールW杯の現地日本代表サポーター(写真:MEXSPORT/アフロ)
    カタールW杯の現地日本代表サポーター(写真:MEXSPORT/アフロ)
  • ソ・ギョンドク教授のインスタグラム(seokyoungduk)より(一部加工)
    ソ・ギョンドク教授のインスタグラム(seokyoungduk)より(一部加工)
  • カタールW杯の現地日本代表サポーター(写真:MEXSPORT/アフロ)
  • ソ・ギョンドク教授のインスタグラム(seokyoungduk)より(一部加工)

「正しい歴史教育を受けなかったからこうなった」

    ソ教授は10年W杯南アフリカ大会においても日本の応援団が神風の鉢巻を巻いて応援していたとし、「日本の応援団が正しい歴史教育を受けなかったからこうなった。 日本政府が正しい歴史教育をしていれば、このような神風の応援は決して起こらなかったでしょう」とのコメントを投稿した。

    そして今回の件を国際サッカー連盟(FIFA)に伝え今後、神風と記したTシャツや鉢巻などを着用しての応援を禁止するよう呼びかけることを明かし、24年に開催が予定されているサッカーアジア杯でも「神風応援」を禁止するようアジアサッカー連盟(AFC)に求めるとした。

    ソ教授は11月27日に行われたグループステージ第2戦の日本対コスタリカ戦において、日本人サポーターが旭日旗をスタジアム内に持ち込んだことをSNSで指摘。スタジアムに掛けられた旭日旗はすぐに大会関係者によって取り外されたという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中