2024年 3月 3日 (日)

戦力外通告で「気持ち楽に」 相次ぐケガ、自律神経失調症...元中日の26歳がプロで味わった「苦しみ」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   主力の阿部寿樹選手、京田陽太選手、平田良介選手を放出するなど、大幅な戦力再編を行った中日ドラゴンズ。2022年10月に戦力外通告を受けた滝野要さん(26)も、今オフにチームを離れた一人だ。

   戦力外通告を受けた日の心情を、滝野さんは「ようやく楽に過ごせるという気持ちになりました」と振り返る。一体何が、彼の気持ちをそうさせたのか。

  • 中日ドラゴンズを退団した滝野要さん(編集部撮影)
    中日ドラゴンズを退団した滝野要さん(編集部撮影)
  • 中日ドラゴンズを退団した滝野要さん(編集部撮影)

「無職となりユーチューバーになりました」

「今年の10月4日に戦力外通告を受けまして、今無職となりユーチューバーになりました。よければチャンネル登録の方、よろしくお願いします!......結構きついでこれ、全然見てくれへんもん」

   10月8日のJR新宿駅前。拡声器越しに、通行人に声をかけ続ける一人の男性がいた。元中日ドラゴンズの滝野さんだ。この日、名古屋から来た滝野さんは、自身のことを知っている人がいないと名古屋に帰れない、というYouTube企画を行っていた。

   「滝野さん!」――。男性が立ち止まって呼びかける。駆け寄る滝野さんに、男性は小学生の頃からのドラゴンズファンだと答えた。もちろん、滝野さんのことも知っていた。「こんなに早く出会えるとは」――。開始3分で、企画は終了した。

   大学卒業後、4年間在籍した中日から受けた戦力外通告。11月17日、J-CASTニュースの取材に、戦力外通告を受けた日の心境をこう明かす。

「これで毎日朝起きなくていい、ようやく楽に過ごせるという気持ちになりました」

   一体何が、彼の気持ちをそうさせたのか。

   滝野さんは1996年、三重県に生まれた。小学生の頃はソフトボールをプレー。硬式野球を始めたのは中学に入ってからだった。小さい頃の性格は「静かなタイプ」。将来の目標は「プロ野球選手か近鉄電車の運転手」だった。

   進学した大垣日大高校で、滝野さんは目覚ましい活躍を見せる。13年(2年生)、14年(3年生)と2年連続で夏の甲子園出場に貢献。特に3年時は不動の4番としてチームを引っ張り、甲子園初戦の藤代高校戦では投手として好リリーフを見せ、最大8点差をひっくり返す逆転勝ちの立役者となった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中