2024年 4月 23日 (火)

ブラジル敗戦は「韓国の呪い」? 物議ダンスめぐり「因果応報」指摘...韓国メディア喜び隠さず

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会準々決勝が2022年12月9日に行われ、ブラジルがクロアチアにPK戦の末に敗れた。

   試合は0-0のスコアレスで延長戦に突入し、延長前半16分にFWネイマール(30)のゴールでブラジルが先制した。流れがブラジルに傾きかけた中、クロアチアは延長後半12分にFWブルーノ・ペトコビッチ(28)がゴールを決め同点に追いつき1-1でPK戦へ。

  • 敗戦に肩を落とすブラジル代表(写真:ロイター/アフロ)
    敗戦に肩を落とすブラジル代表(写真:ロイター/アフロ)
  • 物議を醸したブラジルパフォーマンス(写真:AP/アフロ)
    物議を醸したブラジルパフォーマンス(写真:AP/アフロ)
  • 敗戦に肩を落とすブラジル代表(写真:ロイター/アフロ)
  • 物議を醸したブラジルパフォーマンス(写真:AP/アフロ)

「バルベルデ、ロナウド、ブラジルまで...」

   ブラジルはPK戦1番手に登場したFWロドリゴ(21)のシュートがGKにセーブされ、4番手マルキーニョス(28)が蹴ったボールはゴールポストに嫌われた。一方のクロアチアは4本連続でPKを決め4-2で勝利した。

   20年ぶりの優勝を目指したブラジルが準々決勝で敗退したニュースは世界を駆け巡った。決勝トーナメント1回戦でブラジルに敗れた韓国では複数のメディアが「韓国の呪い」のワードを使用して速報した。

   地元スポーツメディア「sportalkorea」(WEB版)は、「バルベルデ、ロナウド、ブラジルまで...韓国を軽視したカタールでの因果応報」などのタイトルでブラジルの敗戦を伝えた。

   記事ではブラジルが敗れたことで再び「韓国の呪い」が浮上し、韓国を軽視したチーム、選手はそれぞれ今大会で思い知ることになったと主張した。

   決勝トーナメント1回戦で韓国と対戦したブラジルは4-1で勝利しゴールパフォーマンスでダンスをし、ブラジル代表のチッチ監督もダンスに加わったと指摘。ブラジルのパフォーマンスは海外の専門家や元スター選手に批判され、クロアチア戦では戦力的な優位を生かせず恥をかいたと伝えた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中