2024年 2月 24日 (土)

「井上尚弥を忘れるべき」カシメロに地元メディア辛辣 赤穂戦は無効試合「復活に集中すべき」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   フィリピンメディア「GMANEWS」(WEB版)が2022年12月9日、元WBO世界バンタム級王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン、33)の特集記事を公開し、ボクシングアナリストがカシメロの今後の方向性を指南した。

  • カシメロ選手(写真:ロイター/アフロ)
    カシメロ選手(写真:ロイター/アフロ)
  • カシメロ選手(写真:ロイター/アフロ)

1年4カ月ぶりの試合は無効試合に

   カシメロは12月3日に韓国・仁川でWBO世界スーパーバンタム級8位・赤穂亮(横浜光、36)と対戦。カシメロにとってスーパーバンタム級転向後の初戦で約1年4カ月ぶりのリングだった。

   試合は2回に赤穂のパンチでダウンを喫したが、すぐに立ち上がって猛攻した。流れを引き寄せたカシメロだったが、放ったパンチが赤穂の後頭部に当たり試合が一時ストップ。大きなダメージを受けた赤穂は回復せず、2回途中で試合終了となりノーコンテスト(無効試合)となった。

   カシメロは21年12月に予定していた世界戦の前日計量をウイルス性胃腸炎のために欠席し試合が中止に。タイトル戦は今年4月に英国で再設定されたが、減量目的によるサウナの使用が英国ボクシング管理委員会の医療ガイドラインに違反し試合が中止となり、後日、WBOから王座をはく奪された。

   地元メディア「GMANEWS」は、「カシメロは現時点で井上尚弥を忘れるべきだ」などとのタイトルで記事を公開し、フィリピンのボクシングアナリストであるエド・トレンティーノ氏の見解を伝えた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中