2024年 5月 28日 (火)

広島移籍の戸根千明は「大化けする可能性を秘めた投手」 直球・変化球は十分...克服すべき課題は

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   広島が2022年12月9日、現役ドラフトで巨人から戸根千明を獲得した。層の薄い左のセットアッパーとして掛かる期待は大きい。スポーツ紙デスクはこう語る。

「今季は9試合登板で防御率5.02と結果が出せなかったが、直球の威力は十分で変化球もキレがある。あとは課題の制球難を克服できるか。きっかけをつかめば、大化けする可能性を秘めた投手だと思います」
  • 広島の本拠地マツダスタジアム
    広島の本拠地マツダスタジアム
  • 広島の本拠地マツダスタジアム

6年間で通算158試合登板

   戸根は1年目の2015年に46試合登板で1勝1敗1セーブ5ホールド、防御率2.88をマーク。身体能力が高く打撃センスも光るモノがあったことから、20年には投手と野手の「二刀流」に挑戦したことも。6年間で通算158試合登板した経験を新天地でも生かしたい。

   広島への移籍が決まると、自身のツイッターを更新。「広島カープの関係者の皆様、そしてファンの皆様、これからよろしくお願いします。カープの為に一生懸命腕を振りたいと思います!!」と誓った。

   戸根には広島でお手本になる「元巨人」の先輩がいる。一岡竜司だ。13年オフに巨人へFA移籍した大竹寛の人的補償で広島に移籍すると、セットアッパーで16~18年のリーグ3連覇に大きく貢献。近年は調子を落としていたが、今季は8月6日の阪神戦(マツダ)で4年ぶりの白星を挙げ、プロ通算100ホールドポイントに到達。10試合登板で防御率2.08と復活の兆しを見せた。

   戸根は巨人に8年間在籍。古巣に対し、特別な思いは当然あるだろう。今オフに無償トレードで広島から巨人に電撃復帰した長野久義に、7月16日の広島戦(東京ドーム)で満塁弾を浴びたが、今度はユニフォームが入れ替わる形となった。長野にリベンジを果たし、巨人打線を抑えることができるか。(中町顕吾)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中