2023年 12月 6日 (水)

雑貨屋で買った摩訶不思議「勝手に跳びはねる豆」 拡散動画に驚く声...植物防疫所に聞いたその正体

   まるで生きているかのように動く豆がツイッターで大きな注目を集めた。動画には、ことことと動く小さな半月形の豆の様子が収められていた。メキシコトビマメ(メキシカン・ジャンピング・ビーン)と呼ばれる豆で、海外では玩具として売られていることもある。しかし日本では輸入禁止品に該当する可能性が高く、無許可で持ち込むことができないという。

   J-CASTニュースは2022年12月16日、横浜植物防疫所に詳細を取材した。

  • メキシコトビマメ/画像:理科教師とらふずく( @raptorial_owlet)さん提供
    メキシコトビマメ/画像:理科教師とらふずく( @raptorial_owlet)さん提供
  • メキシコトビマメ/画像:理科教師とらふずく( @raptorial_owlet)さん提供

豆がどうして動くの?

   ツイッターユーザー・理科教師とらふずく(@raptorial_owlet)さんは7日、「やばいものを手に入れてしまった」として、メキシコトビマメの動画を投稿した。続くツイートでは、掌で温めると盛んに跳びはねる様子が観察できたと述べている。

   とらふずくさんは取材に対し、偶然立ち寄った東京近郊の雑貨屋で購入したと明かす。子供のころに読んだ科学雑誌などをきっかけに興味を持っていたそうだが、購入後にインターネットで調べる中で輸入に関する制限を知り、すぐに地域の植物防疫所に相談したそうだ。

   豆は、緑がかった黄褐色で大きさは大豆ほど。アサガオやツバキの種に似た形をしているが、表面には模様があったという。動画では小刻みに震えたり、小さく跳ね上がったりしている。この動画は208万回以上再生され、「怖い」「こんなのあるんだねえ」などと驚く声が寄せられている。ツイートは1万1000件を超えるリツイート、3万3000件を超える「いいね」が寄せられた。

   メキシコトビマメはなぜ動きまわるのか。取材に対し、回収した横浜植物防疫所は16日、ガの幼虫が寄生した豆であると説明する。中の幼虫が動き回ることで豆自体が動いているように見えるため、海外では玩具として売られているが、日本では輸入禁止品に該当する可能性が高い。

「メキシコトビマメに生きている虫がいることが問題となります。どの種類の虫がいるのかは実際に中を見てみなければ分かりませんが、少なくとも『寄生』という植物を害する状態であることから、検疫の対象となる可能性が非常に高いです」

   メキシコトビマメは、虫が混入しているため国外から無許可で持ち込むことはできず、寄生している虫は国内に生息しない病害虫である可能性が高いという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中