2024年 2月 26日 (月)

「娘の最近で一番良い笑顔です」 手足3本失った僕、両足切断の女性と出会って感じた生きがい

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   20歳の時に電車事故で右手と両足を失った山田千紘さん(31)は、講演に訪れた先で1人の女性と出会った。同じように事故で両足を切断し、義足のリハビリを始めたばかりだった。落ち込んでいた時、前向きに生きる山田さんの存在を知り、会いたがっていたのだという。女性は山田さんとの出会いを機に、あることを決断する。それを聞いた山田さんは「すごく良いと思う」と背中を押した。この出会いで何を感じたのか、山田さんが語る。

   【連載】山田千紘の「プラスを数える」~手足3本失った僕が気づいたこと~ (この連載では、身体障害の当事者である山田千紘さんが社会や日常の中で気づいたことなどを、自身の視点から述べています。)

  • 山田千紘さん(右)と、ななこさん
    山田千紘さん(右)と、ななこさん
  • リハビリしていた当時の山田千紘さん
    リハビリしていた当時の山田千紘さん
  • 山田千紘さん(右)と、ななこさん
  • リハビリしていた当時の山田千紘さん

「一緒に撮った写真、SNSに投稿していいですか?」

   手足を失った事故から今年で10年が経ち、当時入院していた国立障害者リハビリテーションセンターで講演する機会を頂きました。その時、直接僕に会いたいという人がいました。事故で両足を切断した20代前半のななこさんは、僕が出版した本を読んでくれて、「励みになっています」と言ってくれました。

   ななこさんは義足を履き始めたばかりで、不安を抱えながらもリハビリを頑張っていました。義足はまだ長時間履くことができないけど、「少しずつ慣れていくよ」と話しました。僕が義足のリハビリをしていた時の過ごし方も伝えました。

   写真を撮ったり本にサインしたりしたのを含めて、会ったのは15分くらい。「質問したいことがたくさんあったんですけど、緊張して忘れてしまいました」と言っていたので、「じゃあ何かあったらいつでもインスタグラムのDM(ダイレクトメッセージ)で連絡してよ」と言ったら、すぐにDMが来てやり取りしました。

   「落ち込んで何もやる気が起きない時に山田さんのことを知り、とても勇気をもらいました。またどこかでお会いできたらゆっくりお話ししたいです」というメッセージをもらいました。そして、「山田さんと一緒に撮った写真、SNSに投稿していいですか?」とも聞かれました。

   両足を切断したことをまだ友達の誰にも打ち明けていなくて、僕と会ったのを機に、SNSで友達に知らせようと思っていたそうです。僕は「自分から伝えるのはすごく良いと思う。僕の経験上、さらけ出せば仲の良い友達は受け入れてくれる」と背中を押しました。

   実際にななこさんが足の切断のことを発信したら、友達は寄り添ってくれたそうです。やっぱりSNSで発信すると知ってもらいやすい。今回のような現在の境遇のこともそうだし、夢や目標なども、言葉にして知ってもらえば支えてくれる人もいます。1人では越えられない壁も誰かと一緒なら越えられることがあります。経験上そう思います。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中