2024年 2月 24日 (土)

近藤健介の人的補償は?高木豊氏が大胆予想 「ソフトバンクは宝の山」注目した160キロ右腕とは

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

    プロ野球横浜ベイスターズ、日本ハムでプレーした野球解説者の高木豊氏(64)が2022年12月18日にユーチューブチャンネルを更新し、ソフトバンクにフリーエージェント(FA)で移籍した近藤健介外野手(29)の人的補償選手を独自に予想した。

  • 高木豊氏(写真:西村尚己/アフロスポーツ)
    高木豊氏(写真:西村尚己/アフロスポーツ)
  • 高木豊氏(写真:西村尚己/アフロスポーツ)

「ソフトバンクには本当にいるね、選手が」

    ソフトバンクは12月12日に日本ハムからFA宣言をしていた近藤の獲得を発表。スポーツ紙などの報道によると、出来高を含め7年総額50億円以上とみられる超大型契約を結んだ。近藤は今季99試合に出場し打率.302、8本塁打、41打点を記録した。

    近藤は金銭もしくは人的補償が必要なAランクの選手とみられ、日本ハムが人的補償を選択した場合、ソフトバンクがプロテクトしなかった選手を獲得することができる。

    高木氏は「ソフトバンクは宝の山だな。本当にいるね、選手が」とし、「近藤が(ソフトバンクに)行く。日本ハムには痛手だけれども考え方によっては今度を中心に考えていたチーム作りを方向転換してみんなで戦えるようにしようと。そのためには何が必要か。誰を人的補償で取るか」と語った。

    ソフトバンクは日本ハムに28人のプロテクト名簿を提出し、日本ハムはプロテクト名簿を見てから人的補償か金銭補償かを選択する。高木氏は独自の視点からプロテクトから外れそうな選手を予想した。

    投手では武田翔太(29)、田中正義(28)、笠谷俊介(25)、森唯斗(30)、高橋礼(27)、高橋純平(25)、杉山一樹(25)、和田毅(41)、野手では谷川原健太(25)、海野隆司(25)、リチャード(23)、野村大樹(22)らを挙げた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中